2020年12月24日 更新

子育てママのお金の貯め方はどうしたらいい?お金をうまく活用するためのポイントとは

銀行にお金を預けてていいの?学資保険のメリット、デメリットは?子どもの教育資金など『少しでもお金を貯めたい』と思っている子育て世代の方に向けて、お金をうまく活用するためのポイントについてご紹介します。

gettyimages (251270)

現在金利が低く、定期預金にいれておいても普通貯金と変わらない状況ですよね。最近は国がNISAなどの投資を薦める状況もみられています。

これを読んでいる子育て中のママの方は、これから教育資金も考えなければいけないと思います。『少しでもお金を貯めたい』と思っているママ、多いのではないでしょうか。

そこで今回は、そんな子育て世代の方に向けて“お金の貯め方”についてメリット・デメリットも含めてご紹介できればと思います!実際にファイナンシャルプランナーさんから学んだことや自分で学んだことを含めて紹介していきます。

お金を銀行に預けても意味がない?

gettyimages (251271)

「金利が低いし、お金を銀行に預けても意味がないなんじゃないの?」そう思っているママも多いのではないでしょうか?

実は子育て世代というのは、急にお金が必要になったりすることがよくよくあります。ここがとても重要で、『すぐに出せるお金』はやはり銀行がおすすめ。投資等にすると『すぐに出すことができない』というデメリットがあります。よってある程度の余裕を持ったお金は銀行に預けることが必要になります。

投資などにかけすぎてしまい、すぐにお金を出せずに借金をしてしまうというケース、実はあるあるだそうです。借金をすると、利子なども出てしまいかなりの大赤字になることがあります。

投資などを考える際に一番大切なこと、それは【自分の家計状況を見直す】ということ。自分の家計状況で余裕がある範囲で、投資や学資保険にまわしていく必要があるということです。

学資保険のメリット、デメリットは?

gettyimages (251296)

まず子育て世代ということで思いつくのは「学資保険」ではないでしょうか?

学資保険は払い込みが免除できるという保険です。あくまで保険であるため、現在の金利からしてお金を増やすということは難しくなります。

よく払う期間が短い短期型の保険がありますよね。この場合、何かあった時(契約者が亡くなった)にこの短い期間しか払い込みが免除にならないため、損をする可能性があります。これはあくまで亡くなった場合代わりに保険会社が期間までの間を払い込みしてくれるという位置づけになるからです。

学資をやったほうがいいのかについては、目的によって変わってくると思います。ただ貯めたいのか、それとももしもの時を踏まえての保証なのか、それは家計の状況によってかわってきますよね。

学資保険のメリットとして例をあげると、保険が手厚くない方にはおすすめです。例えばパパには生命保険や入院保険など手厚くしている場合、学資保険の契約者を保険が手薄くなっていることが多いママを契約者にすることがおすすめです。

学資保険の中には契約者の入院保険なども保障してくれる保険もあるので、その学資保険の内容にもかわってきますのでご注意下さい。

ただし、学資保険はあくまで保険です。あまり教育資金の足しにならないことがほとんどです。教育資金としては他に貯めておくことが必要になります。

学資保険は一応貯金にはなると思いますが、正直払った分だけのお金よりマイナスになってしまうことがほとんどです…。ただ貯金がうまくできない人に関しては、おすすめのものでもあるかもしれません。

NISAやiDeCoを教育資金にすることはできる?

gettyimages (251273)

NISAは教育資金にするには、期間が短すぎるため難しいかもしれません。NISAやiDeCoも含めて、基本自分の老後のためと考えたほうがよいと考えます。

特に女性は今長生きする時代。90歳まで生きるのが普通になる可能性もあり、NISAに関しては長い目でみればかなりたまる可能性もあります。

NISAは本当に長い期間かけて、あたためればあたためるほど増える可能性は高いです。よって子育て資金と考えているのならば、独身時代、もしくは子どもを産む前から備えておくとうまく運用できるかもしれません。

一方でiDeCoに関しては、60~65歳にならないと出せないことも含めて子育て世代には向いていないと考えられます。子育てに関してはいつお金がかかるか、また急遽お金が必要になる時もあります。そういうことを踏まえると、iDeCoはデメリットが大きいと考えられます。

NISAやiDeCoは自分の将来のための運用には最適

gettyimages (251274)

NISAやiDeCoは子育て資金には使えませんが、将来の自分のためにすることはとてもおすすめです。将来年金がもらえるのか、いくらもらえるのか、本当にわからない時代です。
最近では2000万円問題もありましたが、今余裕があり、未来も含めたライフプランニングをする中での余裕のお金があるのならば、自分のためにNISAを活用するのはいいと思います。
22 件

このまとめのキュレーター

はるりこママ はるりこママ

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧