2021年4月14日 更新

週末や大型連休に行きたい!東京・神奈川周辺のプチプラおでかけスポット(動物園・外遊び編)

子育て中は何かとお金がかかるもの。将来を考えると貯蓄もしておきたい。でも、おでかけをして子どもを楽しませたり刺激を与えてあげたい!という気持ちもありますよね。そんなママさん達にピッタリの入園料が安価で、園内ではあまり費用がかからないおでかけスポットをご紹介します。

外出にはお金がかかる

gettyimages (261531)

あたたかくなり、おでかけのしやすい気候になってきました。土日やGWなど、子どもがお休みの日には家族でどこかへ出かけようと計画をたてることもあるのではないでしょうか?

しかし、子連れでのお出かけはなかなかに費用がかさむもの。施設の入場料やお昼代・おやつ代、おみやげなどもせがまれるとなかなか懐が痛くなってしまいますよね…。

そこで今回は、東京・神奈川周辺のプチプラおでかけスポットをご紹介します。主に入場料が安価な所を選びましたから、ぜひ訪れてみてくださいね!

金沢自然公園&金沢動物園(大人500円・小中学生200円・小学生未満は無料)

 (261529)

横浜市金沢区にある金沢自然公園は、約60万m²の広大な敷地を持ち、園内は「動物区エリア」と「植物区エリア」に分かれています。

動物区エリアは料金がかかりますが、大人500円・小中学生200円・小学生未満は無料と安価ですよ。インドゾウやオカピ、コアラなど子どもに人気の動物がたくさんいるので、喜ばれるでしょう。普段は動物ふれあい体験もできるのですが、コロナ禍ですので状況によって変更があると思います。ホームページからご確認の上、おでかけください。

また、「植物区エリア」では四季折々の花々を楽しむことができます。入場無料の「ののはな館」では、金沢自然公園のある円海山周辺に生息する鳥類・植物・昆虫について詳しく展示されているそうです。せっかくの機会ですから、ただ眺めるだけでなく、知識として身に付け、子どもの興味関心を育ててあげるのも良いでしょう。

その他、長~いローラー滑り台やバーベキュー広場などもあり、のびのびと遊ぶことができます。広々とした敷地であれば、コロナ禍でも安心しておでかけできそうですね。

▼施設情報・交通案内はこちら

多摩動物公園(大人600円、小学生以下と都内在住・在学の中学生は無料)

多摩動物公園は、300種を超える動物をみることができる大きな動物園です。「アジア園」、「オーストラリア園」、「アフリカ園」、「昆虫園」の4つのエリアに分けられていて、オランウータンやキリン、カンガルーやライオンなど様々な動物を観ることができますよ。昆虫館では色とりどりのチョウが舞う中を散策できたり、標本や模型の展示を楽しむことができるそうです。

動物たちは広い放飼場に放養形式で展示されているため、元気に動き回り仲間たちとふれあう姿を見られるのが魅力です。なお、園内は広いだけでなく、アップダウンが多いので歩きやすい靴で行くことをオススメします。

入場料は、大人600円、小学生以下と都内在住・在学の中学生は無料です。コロナ対策で休園となることもあるので、お出かけ前には必ずホームページをご確認ください。

▼施設情報・交通案内はこちら
35 件

このまとめのキュレーター

へびいちご へびいちご

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧