2019年9月3日 更新

夏野菜を美味しく食べよう♪~野菜あん活用法☆~

旬の野菜で元気なからだを☆お子さんでも食べやすい、使い回しに便利な「野菜あん」はストックに便利ですよ♪

夏本番!熱くほてったからだを効率よく冷やしてくれる旬の野菜。夏はついつい喉ごしのいい麺類になりがちですよね。栄養面も考慮して毎日の食事にひと工夫、バリエーションも豊かに活用できる野菜あんはストックにも便利です☆

夏野菜といえば☆

夏野菜の代表メンバーを集めてみました☆
【きゅうり】

サラダやピクルスで大活躍のきゅうりですが、色鮮やかなきゅうりにはカリウムやβカロテンが豊富に含まれています。これらの栄養素は利尿作用や免疫力を高める作用がありますので、風邪の予防や生活習慣病の予防も期待できます。

わが家では炒め物やチャーハン、スープにも活用していますよ。
 (42878)

【なす】
炒め物や焼きなす、てんぷらで活躍してるなすには、カリウムやナスニンという成分が含まれてます。

耳になれない「ナスニン」。ナスニンはなすの皮に含まれるアントシアン系色素で、ポリフェノールの一種だそうです。ナスニンには発がんや老化を抑制する抗酸化作用が強く、眼精疲労にも効果があるそうなので、皮ごと食べることをおススメします☆
 (42880)

皮ごと食べよう!
【ピーマン】
ピーマンには、βカロテンやカリウム、ビタミンC、葉酸が含まれ、赤ピーマンにはカプサンチンが含まれています。栄養豊富なピーマンにはからだを元気にする成分がたくさん含まれています。

赤ピーマンに含まれるカプサンチンという色素成分は抗酸化作用があるんですよ☆
 (42882)

その他夏野菜には

枝豆・オクラ・ズッキーニ・トウモロコシ・レタス・やまいも・トマト・にんにく・ゴーヤ・シソ・うり・さやいんげん

などなど夏にはからだのほてりや、むくみ、疲れを改善してくれるお野菜がたくさんあります☆

~夏野菜のあんかけレシピ~

冷たくてとろりとしたあんかけは、喉ごしもよく食欲が衰退しがちな夏でもつるつると口に入っていきます。お子さんも夏野菜を細かく刻めば、普段残しがちなお野菜も食べてくれるかもしれませんよね。色んな夏野菜を使って試してみてください☆


例えばこんな感じ~↓
冬瓜の夏野菜入り冷やしあんかけ。

冬瓜の夏野菜入り冷やしあんかけ。

【材料】 (2~3人分)
・冬瓜1/8サイズ
・鶏挽肉50g
・プチトマト5~6個
・オクラ1~2本

【 だし汁】
・一番出汁(昆布と鰹から取ったもの) 適量
・淡口醤油 小さじ1~2
・酒大さじ1
・塩少々

【仕上げ用】
・水溶き片栗粉適量

【 あん用調味料】
・淡口醤油 少々
・塩少々
・酒少々
・味醂 少々
29 件

このまとめのキュレーター

moo-chan moo-chan

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧