2020年10月23日 更新

いま増加の「コロナ便秘」解消にも期待!医師注目の食材&簡単レシピで食べ方工夫ダイエット

運動不足・生活リズムの変化で「コロナ便秘」が増えている!?のせるだけ、かけるだけ、混ぜるだけ!医師注目の食材「ブロッコリースプラウト」「おからパウダー」「雑穀」を使った簡単レシピをご紹介します。

運動不足・生活リズムの変化で「コロナ便秘」が増えている!?

便秘の原因には、おおきく運動不足やストレスがあります。おうち時間が増えた今、運動不足で腸の働きが低下し便が溜まりやすくなったり、生活リズムが変化したストレスもあり、便秘になってしまう、いわゆる「コロナ便秘」が増加しています。

うんち記録アプリ「ウンログ」が4月に実施したアンケート調査によると、コロナの影響による生活スタイルの変化でストレスを感じている人の51.3%が、排便やうんちの状態が「変わった」と回答。そのうち便秘になった人は43・3%で、排便回数が減った人は56%という結果がでました。
 (244063)

回答者3000人のうち、約7割が運動量が減った、約8割がストレスを感じるようになったと回答していることからも、昨今の状に影響を受けた「コロナ便秘」の傾向がみられます。

「コロナ便秘」解消やダイエットにも期待!お料理好き東大ママドクター・伊藤先生注目の食材とは

便秘になると、腸内に悪玉菌が増殖し、むくみや血行不良の原因となって痩せにくい体になってしまいます。また、食欲の秋、運動不足でつい食べ過ぎてしまう方も多いこの時期。今回は「のせるだけ、かけるだけ、混ぜるだけ」で取り入れやすい、体重調整に期待できる3つの食材を紹介します!
<伊藤明子先生プロフィール>
 (244083)

伊藤 明子(いとうみつこ)先生|赤坂ファミリークリニック院長小児科医、公衆衛生専門医
栄養・食事療法、ストレス管理での診療、障害のあるお子さんの診療を中心に行う。東京大学医学部附属病院小児科医師、東京大学大学院医学系研究科公衆衛生学/健康医療政策学教室客員研究員。著書に「小児科医がすすめる最高の子育て食」「医師がすすめる抗酸化ごま生活」など。
①ブロッコリースプラウト

ブロッコリースプラウトには有用成分「スルフォラファン」が含まれ、便秘の原因にもなる活性酸素から体を守る抗酸化力を高めてくれます。また、肥満抑制効果が期待できることが研究論文で示されている万能食材です。

スルフォラファンを効率よく摂るコツは、生でよく噛んで食べること。いつもの食事にのせるだけで良いも嬉しいポイントです。なお、発芽3日目の「ブロッコリースーパースプラウト」には、成熟ブロッコリーの20倍以上のスルフォラファンが含まれています。
 (244070)

②おからパウダー

おからパウダーは、食物繊維が豊富で、おなかの中で水分を吸って膨らむので、少量でも満腹感を得られて食べ過ぎを防ぐことができます。普段のお料理にかけるだけでも簡単に栄養を補給できます。小麦粉と置き換えられるため、お好み焼きなどの糖質を大幅にカットできるのも嬉しいポイント。
 (244071)

③雑穀

食物繊維の多さから「陸の王者」とも呼ばれる大麦などをブレンドした雑穀。白米に比べて糖質が低く、ビタミン、ミネラル、食物繊維が摂れるため、腸をきれいにしてくれます。特にたくさんの種類の全粒雑穀がおすすめです。取り入れ方は、白米と混ぜるだけで簡単。雑穀の比率を上げるとさらに良いでしょう。
 (244073)

30 件

このまとめのキュレーター

【PR】元気ママ公式 【PR】元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧