2020年2月24日 更新

【イラスト解説】ヒリヒリおっぱいのケア方法

母乳育児をしていると、多くの人が一度は「おっぱいが痛い!」と悩みます。ヒリヒリ痛くなってしまったおっぱいのケア方法をご紹介します。

おっぱいが痛いのは当然

 (214266)

母乳育児をしていると、多くの人が一度は「おっぱいが痛い!」という経験をします。

触っても分かる通り、乳頭の皮膚は薄くて弱く、通常は日常的に刺激を受けるような事もありません。それなのに、授乳が始まると突然、毎日何度も咥えて強く吸われるようになるのですから、皮膚が悲鳴を上げてヒリヒリ痛み出すのは、当然のことだと言えます。

最初のうちは、物理的な刺激によって痛みが出てくるため、決して、上手に授乳が出来ていないから痛い!というわけではないのだと、知っておきましょう。授乳を続けるうちに、皮膚も強くなり、よく伸びるようになるので、段々痛みは減っていきます。

ただし、赤ちゃんが上手に咥えられないなど、授乳方法が原因で痛みが強く出て、なかなか引かないこともありますので、正しい授乳のコツはしっかり確認しておくことをオススメします。
▼こちらの記事もおすすめです
ここからは、予防ではなく、既にヒリヒリ痛んでしまったおっぱいはどのようにケアをしていけば良いのかを、ご紹介いたします。

クリームで乳頭を保護

 (215443)

ヒリヒリ痛みが酷くなる原因は主に乾燥です。一日に何度も吸われる乳頭は、非常に乾燥しやすく荒れやすい状態です。一番のオススメは、専用の乳頭保護クリームを使用して授乳の度におっぱいをケアしましょう。

Medela(メデラ)乳頭ケアクリーム ピュアレーン 100

1,080
授乳中に乳首がすれたり痛んだり、亀裂が入ってしまったときに使用する天然ラノリン100%の保湿クリームです。
直接赤ちゃんの口に触れる部分に頻繁に塗ることになりますので、やはり専用のクリームを使用することが一番安心でしょう。

ただ、乳頭保護クリームは内容量が少なく、通常の保湿クリームより価格が高めに設定されています。まとめ買いや大容量パックで安価に入手するなどの工夫をして、なるべくお得に利用したいですね。

赤ちゃん用の保湿クリームを使用

 (215444)

赤ちゃん用の保湿クリームの中でも、顔や手に塗ることが想定されているものを選びましょう。これらは、赤ちゃんが舐めて口に入ることも想定して、刺激が弱く作られています。

赤ちゃん用の保湿クリームであれば、乳頭保護クリームと比べて、大容量で安価なものが手に入りやすいです。赤ちゃん自身にも使用しますので、乳頭に痛みが出なくなった後も無駄なく使い切ることができます。
また、保湿力が弱かったり、落ちやすかったりしますので、上からラップで保護すると更に効果的です。

ただし、直接赤ちゃんが口に含む部分に塗りますので、絶対に安全とは言い切れません。授乳の前には洗浄綿や清潔な濡れガーゼなどで丁寧に拭き取るようにしましょう。
28 件

このまとめのキュレーター

きーママ きーママ

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧