2019年4月9日 更新

どうしたらいいの?成長過程で立ちはだかる「4歳の壁」

「小1の壁」や「小4の壁」と並んで「4歳の壁」というものがあります。3歳までの育児がひと段落したかと思ったら、突然赤ちゃん返りしてしまった…!という場面で、それはもしかしたら、赤ちゃん返りではなく「4歳の壁」にぶつかっているのかも知れません。「4歳の壁」について正しい知識を知っていきましょう。

gettyimages (188754)

「4歳の壁」ってなに?と思うママもいるかもしれません。この4歳の壁は、実はあまり広く知られていません。3歳までのスムーズな成長が少し戻ってしまったり、落ち着いたはずの癇癪もまた起こしやすくなったりと、赤ちゃん返りと勘違いしてしまうこともあります。

では、4歳の壁とはいったいどんなものなのでしょう。そして、4歳の壁が発生した時に親はどう対処していけばいいのか考えてみます。

「4歳の壁」の存在

gettyimages (188757)

やりたいと言ってた数秒後にはもうやりたくないなど、気分がころころ変わったり、今まで怖いもの知らずだったのに、急に物怖じするようになったなど、4歳の成長を境に変化を見せる子供がいます。一見、わがままに感じたり、ママが追いついていけずに、かっかしてしまいがちです。これが「4歳の壁」です。

「4歳の壁」は、子供の精神的成長に伴い表れる壁です。これは、認知能力の発達が関係しています。4歳を過ぎると、大脳の発達が進み、時間軸や空間軸への理解も深まります。それまでの「現在中心」「自分中心」だった思考が認知的に大きな成長を遂げるのです。

「昨日はこうだったから、明日もこうだろうな」などの、過去・現在・未来を想定することが出来るようになったり、自分の気持ちだけではなく人の気持ちも考え、配慮が出来るようになります。

しかし、脳や心が一気に発達する中で、その変化に戸惑いを感じる子もいます。その戸惑いや興奮状態の処理がうまく出来ないことで、ぐずったり暴れたり、泣いたりしてしまうことがあるのです。

「4歳の壁」がやたら高く感じるのは…

gettyimages (188845)

「4歳の壁」は日本での独特の風習から、余計に高く重く感じます。その独特の風習が、3歳児神話です。近代で合理的な根拠は認められていないとされていますが、昔からの風習は今でも根強く残っています。

3歳児神話とは「子供が3歳になるまでは、母親が子育てに専念すべきであり、そうしないと成長に悪影響を及ぼす」という考え方のことです。全く振り回されないママもいますが、3歳というのは、日本では一つの区切りになっているのが現実です。

ママもなんとなく、3歳までの時期に重きをおいていませんか?育児は長いけど、3歳でとりあえずひと段落と考えている部分もあるのではないでしょうか。

そんな時に、この4歳の壁が立ちはだかるので、通常よりも高い壁に感じます。

「今までちゃんと出来ていたのに」
「こんなこと今までなかったのに」
「しつけ方が間違ってたの?」

と、ママまで戸惑ってしまい、これまでの自分のやり方を責めてしまうこともあります。

ですが、4歳の壁は、新しい発達段階にさしかかると自然に起きることです。誰のせいでもありません。ママも子供も、悪くないのです。ここにくるまでの育児を振り返る事はしても、実は間違っていたのかな、と否定する必要もありません。

成長の証は赤ちゃん返りじゃない

gettyimages (188848)

「最近自立心がなくなった」
「前は友達の中に飛び込んでいけた」
「前よりも落ち着きがない」
「やたら甘えん坊になった」

…こういった姿を見ると、成長どころか後退しているんじゃない?と思ってしまいがちです。当然ですよね。出来ていたことをしなくなるし、まるで赤ちゃんに戻ったみたいと感じるものばかりですから。

ですが、これもれっきとした成長の途中です。成長の途中の戸惑いです。ただそれが、子供の内部で起こってることなので、ママには外見で見る姿そのものをそのまま受け止めてしまいます。

3歳を過ぎたことで「もうお兄ちゃん(お姉ちゃん)なんだな」としみじみ感じるのは、少し待ちましょう。4歳だって、まだまだ成長の途中です。「どんどん成長しているんだな」という考え方の方が、後退しているかのような行動もぐずりも、成長の証として受け止められるようになります。

突き放さず受け入れる

gettyimages (188851)

なぜだか急に、出来ていたことをしなくなる子供に、赤ちゃんに戻られては困る思いで「出来てたことでしょ!」「そんなの赤ちゃんだよ!」とわりと強めに、突き放してしまうママも時々います。それはそれで、ママが子供にせっかくの自立心を砕いてはいけないという、親心からきているものなので、否定されるものではありません。

ですが、このくらいの年齢での後退に思える現象を、赤ちゃん返りだと思わず、4歳の壁の成長段階だと考えてみましょう。成長の証だと思えば、突き放す必要もありませんし、戸惑いがなくなるまでのサポートをしていけばいいのだと、ママも思えるはずです。

子供をどうにかしようとする前に、自分の育児観に変化がないかも考えなおしてみましょう。子供の成長とともに、少しずつ意識が変わっていたりもします。

子供が本当に手のかからない自立をしていくのは、自分で自分の責任をとることが出来る年齢で、巣立っていく時です。その時にやっとママは母親業の区切りがつきます。3歳から4歳になったところで、実は何も変わりません。まだまだ手のかかる子供です。

「もうお兄ちゃん(お姉ちゃん)なんだから一人で出来るでしょ」ではなく、「不安になったらいつでも戻っておいで」と両手を広げて、待ってあげましょう。まだまだ、そうしていい年齢なんです。
15 件

このまとめのキュレーター

K K

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧

キャンペーン情報