2019年8月23日 更新

大人は号泣注意!ほのぼのしているのに泣ける宮西達也さんの絵本の世界

アニメ映画化もされた『おまえうまそうだな』や『おとうさんはウルトラマン』シリーズを描かれた絵本作家・ 宮西達也さん。宮西さんの絵本は、ほのぼのしているのに、思わず涙がこぼれるほど胸打つ作品が多いんです。

『おまえ うまそうだな』という衝撃的なタイトルの絵本やアニメ映画をご存知ですか?

暴れん坊のティラノサウルスが、食べようとしたアンキロサウルスの赤ちゃんに「おとうさん」と間違われて懐かれてしまい、奇妙な共同生活を過ごすうちに、ティラノサウルスは少しずつ変化していき…。

というお話の絵本なのですが、とても切ないラストシーンとティラノサウルスの心に生まれたやさしい気持ちの描写が心に残ります。
我が家では、子どもたちに読み聞かせしていたのに、隣で聞いていた夫や夫のお母さんが次第に真剣に耳を傾け始め、最後にとても感動してくれたという逸話が残る絵本です。

宮西達也さんの絵本は、子どもたちに読んでも反応がよいのですが、大人が読むと、作品の奥深さに気づくことができて、筆者は読み聞かせの最中に号泣してして、先を読み進められなかったこともあります。

今回は、そんな宮西達也さんの作品の魅力をご紹介します。

ティラノサウルスシリーズ

あいしてくれてありがとう (絵本の時間) | 宮西 達也

1,296
ひとりぼっちのパウパウサウルスは、さびしくてさびしくて、あなのなかにとじこもっていましたが…。
宮西達也さんの代表作の一つティラノサウルスシリーズは、

『おまえ うまそうだな』
『おれはティラノサウルスだ』
『きみはほんとうにステキだね』
『あなたをずっとずっとあいしてる』
『ぼくにもそのあいをください』
『わたしはあなたをあいしています』
『あいしてくれてありがとう』
『であえてほんとうによかった』
『いちばんあいされているのはぼく』
『わたし しんじてるの』
『ずっとずっといっしょだよ』
『あいすること あいされること』
『やさしさとおもいやり』

の13冊が現在刊行されています。
食うもの(ティラノサウルス)と食われるもの(草食恐竜たち)の間に生まれた奇妙な友情や親子の愛が切なく、そしてあたたかく描かれています。

筆者は本当にこの『ティラノサウルスシリーズ』に弱くて、未読の本を初めて読むときは大抵泣きそうになるのをこらえながら読んでいます。

『あいしてくれてありがとう』は、目が見えないひとりぼっちのパウパウサウルスに生きる力と希望をくれたのは、恐ろしいティラノサウルスで…というお話。切ないけれどとても優しい気持ちになれる絵本です。

ティラノサウルスシリーズは、文章も長くてページ数も結構あるので、読み聞かせるなら4歳くらいからがおすすめです。

『おとうさんはウルトラマン』シリーズ

パパはウルトラセブン/ママだってウルトラセブン (ウルトラマンえほん) | みやにし たつや

1,296
セブンファミリーに待望の赤ちゃん誕生! パパはめちゃくちゃ強いけど、ママはパパにとっても強い。シリーズで初めてお母さんが主人公に! 家族みんなの元気の源である、お母さんへの感謝がいっぱい詰まった、ステキな絵本。
「母の愛」が描かれた、セブンファミリーが主人公のお話もあります。
上記の記事の中で宮西達也さんの『おとうさんはウルトラマン』という絵本を紹介したのですが、実はこの絵本はシリーズになっていて

『帰ってきた おとうさんはウルトラマン』
『おとうさんはウルトラマン おとうさんの休日』
『パパはウルトラセブン ママだってウルトラセブン』
『パパはウルトラセブン』
『パパはウルトラセブン・みんなのおうち/HOME SWEET HOME』

の6冊が出ています。
ヒーローにだって家族がいて、悩みがあって…子どもに弱い。という意外な視点から描かれた絵本です。ティラノサウルスシリーズとは違ってポップな色が多用されています。

働くお父さんの姿を子どもたちがみることはなかなかないけれど、これらの絵本をきっかけに、外で働くお父さんの姿を想像してみたりしませんか?

文章が短めなので、3歳ころからおすすめです。

にゃーご

にゃーご (ひまわりえほんシリーズ) | 宮西 達也

1,404
三匹のねずみの前にとつぜんあらわれた大きなねこ。「にゃーご!」…ところが、ねずみたちは、「いっしょに、ももを取りに行かない?」と、ねこをさそって…。
小学2年生の教科書に教材として採用されたことのある『にゃーご』。

「ねこはおそろしいんですよ」という先生の話をちっとも聞かず、桃を取りにいこうとした、こねずみ3匹の前に「にゃーご」と言って現れたのは大きな猫!というスリリングな冒頭部分にちょっとびっくりする絵本です。

『おまえうまそうだな』に通じるテーマかと思うのですが、「食べる者」と「食べられる者」の間に生まれた奇妙な交流に目が離せなくなってしまいます。

3~4歳くらいから読んであげられそうな絵本ですし、小学1年生の前での読み聞かせに用いたことのある絵本なのですが、みんなドキドキしながら楽しんで聞いてくれていたようでした。

最後に猫の「たまおじさん」が目に涙をためている姿は、大人の方がぐっとくるかもしれません。

おかあさんだいすきだよ

おかあさんだいすきだよ | みやにしたつや

1,296
みんなのおかあさんはどんなおかあさん?おかあさんのことすき?ぼくはね…。
24 件

このまとめのキュレーター

むっく むっく

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧

キャンペーン情報