2019年8月28日 更新

妊娠中の気をつけたい症状。予防と対処法をピックアップ!

妊娠中に心配なトラブル。予防と対処法は!?

妊娠中ってつわりをはじめ、普段とは違うトラブルに対面するよね。便秘や頻尿…痔になりやすかったり…。
痔になるとお産も大変だって知人から聞いたこともあるから、普段から回避改善できるよう気をつけておくことが大事だね。

妊娠中のトラブル①切迫流産

お腹が定期的に張ったり、どばっと出るような出血があった場合、そのまま放置してしまうと流産や早産につながる可能性もあるんだって…何かしらの感染が原因だったりするんだけど、多くは原因不明みたいだよ。

症状には 【出血】【下腹部痛】【下腹部の違和感】など

出血や下腹部痛があったら

●横になって安静にする
●安静にしていてもお腹の張りや痛みがおさまらない場合は産院に連絡
●症状がひどい場合は入院して治療することも
●お薬が処方されることも

妊娠中のトラブル②貧血

妊娠をすると赤ちゃんにも必要な血液が作られ、ママの血液量は増えるんだけど、血液の成分は同じように増えないため、血液は薄くなるそうだよ。

症状には 【めまい】【どうき】【息切れ】など
 (37153)

妊娠初期は妊娠に気が付いていないこともあるから、風邪か何かだと思って風邪薬を飲んだりするとちょっと心配だよね。

貧血予防と対処

●普段の食事に意識して「鉄分」を多く含んだ食事をする
●ビタミンの補給(ビタミンCは鉄分の吸収をよくする)
●場合によっては鉄剤を処方されることも

植物性食品に含まれる鉄は、動物性たんぱく質やビタミンCを一緒にとると、吸収率が高まるんだって。
 (37118)

【鉄を多く含む食品】  
(動物性)
◆まぐろの赤身
◆かつお
◆さば
◆レバー
◆貝類
◆赤身の肉
 (37116)

【鉄を多く含む食品】  
(植物性)
◆小松菜
◆チンゲン菜
◆プルーン
◆高野豆腐
◆ひじき
◆ほうれん草

妊娠中のトラブル③妊娠高血圧症候群

ママの血管の弾力性が失われることでママの血圧に影響がでる。これが妊娠高血圧症候群。血管が細くなることで、お腹の赤ちゃんに移行する血液も少なくなっちゃうから赤ちゃんの成長にも影響しちゃうんだ。
妊娠高血圧症候群になると「常位胎盤早期剥離」を起こしやすくなるんだって。

※常位胎盤早期剥離(早剥)は胎児がまだ子宮内にいるうちに、胎盤が子宮から剥がれてしまう状態です。 母児ともに危険な状態になる可能性が非常に高い、とても重要な病態です。


症状には 【血圧があがる140/90mmHg以上】【急激な体重増加】【目がちかちかする】
     【頭痛】【尿たんぱく】

妊娠高血圧症候群の予防と対処

30 件

このまとめのキュレーター

まち子のかぁちゃん♪ まち子のかぁちゃん♪

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧