2019年9月3日 更新

初心者さん必見!観葉植物を育てるために、知っておきたい基礎知識

初心者さんが観葉植物を育てるために、まず知っていおきたい基礎知識とは!

istockphoto (81271)

最近は室内で観葉植物を育てている方が多いですよね。

でも、「何が育てやすいのか」「土や肥料、水やりの頻度」「何から始めればいいのか分からない」「買ってもすぐに枯れてしまいそう」、という気持ちで始められない方も多いのでは?

中には、育ててみたけどすぐに枯れてしまったという方もいらっしゃると思います。

今回は、初心者さんが観葉植物を育てるために、まず知っていおきたい基礎知識をご紹介します。

観葉植物の置き場所

 (81302)

多くの観葉植物は、直接日光が当たらなくても育つものがほとんどです。
種類によって性質も異なりますが、ある程度耐陰性があり、大半は室内で楽しむことができます。

ただし、多くの観葉植物は、暗い部屋に置きっぱなしにすると元気がなくなり枯れてしまいます。
日陰で育つとはいっても、できるだけ日に当てるほうが、葉の色つやもよくなり、株もしまった形になります。

多くの観葉植物は明るい日陰を好むため、置き場所はレースカーテンやカーテン越しに日が当たる窓辺などが理想ですよ。

観葉植物の水やり

gettyimages (81303)

観葉植物のからだの維持、葉面からの蒸散、光合成などに、水は大事な役目を果たします。

水やりのポイント!

1.土の表面が乾いたら水やりをすること。
2.1回の水やりの量は、鉢底から流れ出るまでたっぷりと与えること。
3.鉢皿にたっまた水は捨てること。
  (鉢皿にたまった水を捨てないと、鉢底穴から水が逆流し、土中の空気が少なくなり根腐れしやすくなります。)
4.毎日数回、葉や幹に霧吹きなどで水をかけ、空気中の湿度をたかめること。

乾いたらたっぷりと!しかし、やり過ぎないのがポイントです。

観葉植物の土

gettyimages (81304)

観葉植物を育てるのに適する土は水はけがよく、水もちのいい土です。
通気性と保水性の両方を兼ね備えている土は「観葉植物専用の培養土」として市販されていますよ!

肥もちや根張りをよくするために「ピートモス」や「腐葉土」を使いますが、室内で育てるときは「ピートモス」がおすすめです。
「腐葉土」は、においやカビが発生することもありますが、「ピートモス」は無菌とされて清潔なので、室内での栽培に適しています。

一般的にはピートモスを基本にしてパーライト、バーミキュライト、赤玉土、軽石などを等量に配合したものを使いますが、生活環境や好みもあるので、自分に合った配合で作るのもいいですね。

水やりの好きな人は、排水性のよいパーライトを多めにし、反対に水やりの時間のない人は、保水性のよいバーミキュライトを多めに入れることで調整することができます。

観葉植物の肥料

thinkstock (81306)

肥料には、植え付けの時に用土に混ぜておく「元肥(もとごえ)」と、植え付けた後の成長期に与える「追肥(おいごえ・ついひ)」があります。

元肥
ゆっくりじわじわと長く効く緩効性化学肥料など

追肥
生長が盛んになって足りなくなった成分を補う。観葉植物では葉肥えと呼ばれる窒素分を補うことが基本

肥料はにおいの少ないものを選ぶのがおすすめです!

23 件

このまとめのキュレーター

Lion Lion

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧