2022年1月18日 更新

電気代など各種値上げ、7割の人が「負担を感じる」と回答!パナソニックが教える冬のエアコン節電術

エアコン暖房中の30分外出時は「つけっぱなし」と「こまめに消す」、どちらがお得?冬本番前に必見!パナソニックのエアーマイスターが教える、冬のエアコン節電術をご紹介します。

2021年9月以降続く食品の値上げに加え、12月の電気代は大手全社で値上げ。電力・ガス全社の値上げは4カ月連続となり、多くの電力会社で、電気代がこの5年間でもっとも高い水準に達しています。暖房稼働が本格化する冬を迎え、今年は光熱費を不安に感じる人が益々増えてくるのではないでしょうか。
パナソニック株式会社が、冬のエアコン節電実態を調査するとともに、冬のエアコン暖房中の30分外出時の「つけっぱなし運転」と「こまめに消す運転」の消費電力の違いについて、独自の実験結果をもとに検証しました。さらに、「冬のエアコン電気代を節約する5つのTips」をパナソニックのエアーマイスター・福田 風子さんが教えてくれました。
gettyimages (294613)

各種値上げについて「負担を感じる」が7割超え!過半数が「冬のエアコンは節電を意識している」と回答、実践していることは?

パナソニックは、20代~60代の男女550名に、今年の値上げおよび冬のエアコン節電について調査を行いました。2021年9月以降、コーヒー、小麦粉、マーガリンや和洋菓子、電気代など、実生活において続く値上げについて、これら各種の「“値上げ”の負担を感じることがありますか?」という質問では、7割(70.9%)の人が「はい」と答え、各種値上げが家庭のお財布を直撃していることがわかりました。
冬のエアコン節電実態の調査では、「冬のエアコンは、節電を意識して使っていますか?」という質問で、52.7%が「はい」と答え、過半数が節電を意識していることが判明しました。実際に節電を意識して実践していることとしては、「設定温度を低くする」(70.7%)、「厚着をする」(46.9%)、「スイッチをオンオフする頻度を気をつけている」(32.8%)がTOP3となる結果に。
 (294570)

「つけっぱなし派」56% vs「こまめに消す派」44%…冬のエアコン暖房でお得なのはどっち?

冬のエアコン節電法として、多くの方が実践している「スイッチをオンオフする頻度」について、さらに詳しく調査をしてみると、「つけっぱなし派」が56%に対して、「こまめに消す派」が44%と、「つけっぱなし派」がやや多いことが判明しました。
 (294573)

エアコン暖房中の30分外出時は「つけっぱなし」と「こまめに消す」、どちらがお得なのでしょうか?冬のエアコンの節電術をパナソニック エアーマイスターの福田 風子さんが解説します。

エアコンは、こまめにオフにするより「つけっぱなし運転」の方がおトクになることがあるとも言われています。エアコンは、室内外の温度差が大きいときに運転をオンにすると多くのパワーが必要ですが、室内がいったん適温になれば少ない消費電力量でキープできます。

そのため、運転をオフにして室温が外気温に近付けば、再びオンにしたときに消費電力量の多い「強運転」を行うことも。結果として、つけっぱなしのほうが少ない消費電力量で済む場合もあります。

今回、冬の暖房使用について、「つけっぱなし」と「こまめに消す」運転の電気代を比較検証します。パナソニック独自のアルゴリズムを用いて、同じ外出時間でも外気温条件によって帰宅時の運転の消費電力が異なることに着目したシミュレーションを行いました。
その結果、暖房使用時において、住宅の断熱性、室内熱負荷などの環境によるものの、外気温が3℃未満のような厳しい寒さの場合は、室温が大きく下がりやすく設定温度に戻すために多くのパワーが必要となるため、「つけっぱなし」運転がお得です。
一方で、3℃以上であれば、室内温度がそこまで下がらないため「こまめに消す」運転の方が電気代の節約につながることが分かりました。例えば東京の場合は、昨冬で最も平均気温が低かった1月の平均気温が5.4℃のため、基本的には「こまめに消す」運転がお得と言えそうです。
 (294585)

※パナソニック調べ。室内温度24℃、暖房温度設定24℃、電気代27円/kWhでのシミュレーション結果
※実際の電気代は、住宅の断熱性能やエアコンの設置環境等の使用条件によって異なります。
30 件

このまとめのキュレーター

【PR】元気ママ公式 【PR】元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧