2021年4月16日 更新

室外機周りは大丈夫?一日中エアコンをつけっぱなしの方必見!延長保証業界の家電スペシャリストが伝授「今すぐできるエアコン節約術」

2021年は猛暑予想!気になるエアコンの電気代を抑える方法は?延長保証業界の家電スペシャリストが、“知っているようで知らないエアコンの賢い使い方”を伝授します。

気象庁の発表によると今年の夏は全国的に平年より気温が高く、猛暑日が多くなると予想されています。そこで気になるのが、エアコンの電気代。最近では省エネモード搭載タイプのエアコンが増えてきたものの、やはり一日中使うものなので、その電気代は気になるはず。
今回は、延長保証サービスを提供するテックマークジャパン株式会社の家電スペシャリスト(総合家電エンジニア)が、“知っているようで知らないエアコンの賢い使い方”を伝授します。

あなたのお家は大丈夫?室外機周りに○○はNG!

gettyimages (262291)

ベランダや庭に設置した室外機の周辺に植木を置いていませんか?マンションの通路側に設置された室外機の前に傘をぶら下げたり、自転車、三輪車、ベビーカー等を置いていませんか?
室外機は周辺の大気を吸い込んで熱交換を行うため、周辺にモノを置くと障害となり熱交換率が下がって効率が悪くなります。それにより、電気代もかさんでしまうため、周辺にモノは置かないようにしましょう。
また、夏場に日差しが直接室外機当たる場合には、影で覆うように工夫しましょう。遮熱フードを利用したり、日傘を差すイメージで影を作ってあげると良いでしょう。

扇風機よりもサーキュレーターの方が効果大!28度でも快適にすごすコツ

gettyimages (262296)

冷房を使用すると空気の密度が増し、重くなって足元に漂うようになります。その状態で部屋を快適に保つためには、温度や風量を頻繁に切り替える必要があり、結果的に電気代の無駄遣いになるのです。エアコンの動作を一定に保つことで節電が可能ですので、サーキュレーターを活用し冷たい空気を循環させましょう。
「扇風機でも良い?」という声が聞こえてきそうですが、エアコンの空気循環に向いているのはサーキュレーターです。送風範囲が比較的近距離であり、人に対して涼しい風を起こす扇風機に対し、サーキュレータは強い風を遠くまで送ることができ、エアコンの涼しい風をより効率的に隅々まで行き渡らせることができます。

お掃除ロボ付きでも定期的なフィルター掃除を!

gettyimages (262301)

最近は、フィルターを自動で掃除する機能が搭載されているエアコンが大半なため、ほとんど掃除をしていない方も多いのではないでしょうか。実は定期的なフィルターのお掃除で、電気代を下げることができるのです。

フィルター自動掃除機能が搭載されたエアコンであっても、フル稼働する時期であれば1ヶ月半に1回を目安に掃除機でほこりを吸い取ったり、水洗い可能なタイプであれば取扱説明書を読んで水洗いをしましょう。
フィルターを外すとき、その奥に装着されている熱交換器も確認してみましょう。3年以上フィルターを掃除していない場合は、熱交換器に汚れが溜まっていることも考えられます。カビや異臭の原因にもなりますのでメーカーサービスに内部掃除を依頼しましょう。
23 件

このまとめのキュレーター

【PR】元気ママ公式 【PR】元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧