2022年11月7日 更新

授乳服は必要なし!普段着でも代用できる授乳しやすい服の選び方

授乳服は買わなくても大丈夫!今回は、授乳期間を普段着で過ごしている筆者が、おすすめの洋服や選び方のコツをご紹介します。授乳服を買うかどうか迷っている方におすすめの記事です。

gettyimages (326334)

「授乳服を買おうか迷っている」「授乳服には可愛いデザインが少ない」とお悩みの方へ朗報です!

結論から言うと、授乳服は買わなくても大丈夫!
実際に筆者は、授乳服ではなく、普通の服で快適に授乳期間を過ごしています。

今回は、授乳服を買わないことのメリット・デメリットや、普段着でも代用できる授乳しやすい服の選び方をご紹介します。

授乳服を買わないことのメリット

出費が抑えられる

授乳服は、授乳がしやすいように設計されているため、とても便利です。しかし、その分価格が高めに設定されていることも多いですよね。
そのため、出産や赤ちゃん用品の費用が気になっている方には、痛い出費となる可能性があります。授乳服を買わずに普段着で代用すれば、余計な出費を抑えられるのでおすすめです!

豊富なデザインから選べる

授乳服にこだわらなければ、洋服は豊富なデザインから選ぶことができます。お気に入りの洋服が、沈みがちな産後の気持ちを明るくしてくれるかもしれません。

筆者も産後は授乳をすることを考えつつも、お気に入りの洋服を着ています。妊娠中の大きなお腹では着れなかった洋服に袖を通すのは、とても楽しいですよ!

授乳服を買わないことのデメリット

洋服が汚れる心配がある

赤ちゃんのお世話では、吐き戻しなどで洋服が汚れることもあります。すぐに洗えればよいですが、時間が経つとシミになってしまう場合も…。
そのため、高価な洋服や、汚れが目立つ洋服は避けるのがよいでしょう。

洋服の選び方によっては授乳しずらい

普段着は、当然のことながら授乳を想定して設計されていません。そのため、洋服選びを間違えると、授乳しずらくて困ってしまうこともあります。不安な場合は、外出前に、自宅で選んだ洋服を着て授乳してみるのがおすすめです。

授乳中の洋服選びのコツ

汚れが目立たない色や素材を選ぶ

授乳中に洋服を選ぶときには、汚れが目立たない色や素材を選ぶのがおすすめです。
筆者は、第一子出産後に、グレーのTシャツを着て外出した経験があります。バタバタと外出準備をしたためか、母乳パットがずれてしまい、Tシャツを濡らしてしまいました。
幸い上着を持っていたのでカバーできましたが、繰り返したくない思い出です。
37 件

このまとめのキュレーター

masa masa

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧