2022年8月6日 更新

何が変わった?コロナ禍での「東京サマーランド」利用レポート

マスク生活が当たり前となっている現在ですが、マスクができないプール施設のコロナ対策はどうなっているのか気になりませんか?今回は、コロナ禍で「東京サマーランド」へ行ってきた様子を利用レポートにまとめました。

 (318586)

東京都のあきる野市にある大きなプール施設「東京サマーランド」。ドーム内プールがあるため、冬や雨の日でも気兼ねなく遊べるのが特徴です。しかし、そうはいっても、やはり夏の暑い日に遊ぶのが一番です。

我が家では毎年夏休みにサマーランドに遊びに行っていましたが、新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)が流行してからは行くのをやめていました。今年は久しぶりにサマーランドへと遊びに行きましたが、新型コロナが流行る前とはいろいろと変わったことがあります。

そこで今回は、コロナ禍での東京サマーランド利用レポートをお届けします。

チケットは事前予約オンリー

gettyimages (318186)

これまで東京サマーランドでは、当日にその場でチケットを購入することも、事前にチケットを買うこともいずれも可能でした。しかし、新型コロナが流行ってからは人数制限を設けるようになり、チケットは事前予約のみの購入に変わりました。
具体的に何人まで入場できるのかは公表されていませんが、人数に達するとチケットが買えなくなります。チケットは予定日の一週間前から購入できるので、早めに買っておくのがおすすめです。我が家も一週間前に購入しましたが、そのときはまだ余裕で買うことができました。
チケットはスマホやパソコンで、簡単にオンライン決済ができます。オンライン決済するとチケットレスでの入場となり、入り口でQRコードを見せることになります。スマホを忘れないように気をつけてください。また、コロナ禍前はプールだけのチケットや遊園地でも遊べる1日フリーパスなどに分かれていましたが、現在は遊園地込みの1日フリーパスしか買えないようになっています。

休憩エリアの区画整理

gettyimages (318187)

東京サマーランドでは、レジャーシートを敷いて休憩場所を確保することができます。以前までは少しの隙間でも空いていればシートが敷けましたが、現在ではシートを敷く場所がしっかりと指定されています。これは、休憩エリアが密になるのを防ぐためで、シートとシートの間にはだいぶ間隔がある状態になります。

そのおかげで1エリアに入れる人数は減りましたが、周りとの間隔が空いているため休憩は快適でした。我が家は開園と同時に入ったので楽に場所取りができました。お昼ごろには既に「満員です」の立て札が立てられていたので、無料の休憩スペースを取りたいときは早めに行くようにしましょう。ちなみに、しっかりと区切られた区画の中にシートを敷いていないと、監視員さんに注意されます。

「湯遊大洞窟」の休止

 (318591)

東京サマーランドには、地下に「湯遊大洞窟」という大きな温泉施設のようなプールがあります。お湯がお風呂くらいの温度なので寒くなったときにちょうどいいのですが、コロナ禍ではこちらの施設が休止となっています。地下の密閉された空間になるため、密状態になるという判断なのでしょう。
我が家の子供たちはこの「湯遊大洞窟」が大好きだったので、これだけは少し残念でした。温水になっているプールは他にもいくつかあるので、寒くなったらそれらのプールで温まると良いでしょう。ただ、屋外にある「スプリングハウス」という温水のプールは、「10分以内」という制限がついていました。
23 件

このまとめのキュレーター

うしゃ うしゃ

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧