2018年1月11日 更新

早めのケアがカギ!予防しよう!子どもの風邪対策

子どもの風邪のサインはわかりにくいもの。ちょっとした変化を見過ごさず、風邪の初期症状で予防、改善しましょう!

thinkstock (137494)

まだまだ体力や免疫力が少ない子どもは、ウイルスに感染しやすく、感染すると回復にも時間がかかります、
風邪予防はもちろんですが、早めのケアが風邪対策のカギになります。いつもと様子が違うと感じたら、すぐにケアをしましょう!

風邪予防① 手洗いうがい、マスクの着用

gettyimages (137498)

風邪の感染経路のほとんどは、咳やくしゃみの飛沫感染からです。外出時以外にも、風邪をひいた家族がいたり、乾燥を感じたらマスクを着用させましょう。
また、起床時、就寝時、帰宅後、食事の前と、こまめな手洗いうがいをおすすめします。

風邪予防② 水分補給

thinkstock (137485)

脱水症状に陥らないよう、こまめな水分補給を行うことで、免疫力も高まります。ウイルスに感染すると発熱や下痢で大量の水分が失われるので、喉の渇きを訴えてくる前に水分補給を。
がぶ飲みをさせず、白湯がおすすめです。

風邪予防③ 栄養補給

thinkstock (137486)

バランスのとれた食事で栄養補給を。特に粘膜を強化するビタミンAや体の免疫力を高めるビタミンCなどを意識して。
風邪をひいて食欲がない時は、経口補水液やスポーツドリンク、プリンやアイスクリーム、カロリーやビタミンが補給できるゼリー飲料など、喉を通りやすいものがおすすめです。

風邪予防④ 体を温めて部屋を加湿する

thinkstock (137487)

冷えや乾燥は風邪を招きます。服装や部屋の温度の管理をしっかり行いましょう。マスクで喉や鼻の粘膜を保湿したり、部屋の湿度を保つことも大切です。
インフルエンザウイルス予防は、室温20度、湿度50〜60%が理想といわれています。

24 件

このまとめのキュレーター

たつかわひな たつかわひな

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧