2019年8月28日 更新

妊娠がわかったらまず考えたい!病産院の種類と選ぶ際に重視したいポイント

妊娠したかも…と思ったら、まずは病産院選びです。「こんな出産がしたい!」という希望に沿って、信頼できる病産院を探しましょう。

thinkstock (154111)

妊娠したかも…と思ったら、まずは病産院選びです。「こんな出産がしたい!」という希望に沿って、信頼できる病産院を探しましょう。今回は、病産院の種類と選ぶ際に重視したいポイントをまとめました。

病産院の種類

総合・大学病院

thinkstock (154249)

産科以外の診療科目があるため、持病のある人や多胎妊娠などの出産のリスクがある場合にはおすすめです。また、切迫早産や早産の場合もすぐに入院できて安心です。ただし、大抵は健診時と出産時の医師が違い、出産方法が選べないことが多いようです。

産科専門病院

gettyimages (154253)

産科、または産婦人科専門の病院なので、妊娠・出産専門の医師や助産師、看護師がいます。いろいろなタイプの妊娠、出産について経験が豊富なのも心強い点です。なかには周産期センターといわれる最先端の産科医療施設もあります。ただし、費用が高額な場合も…。

個人クリニック

thinkstock (154254)

個人経営している診療所やクリニックでは、健診から出産まで同じ医師にみてもらえる可能性が高くなります。スタッフも大体同じ顔触れなので、コミュニケーションがとりやすいでしょう。持病などがある人は受け入れてもらえないこともあります。

助産院

thinkstock (154256)

助産師の資格を持つ人が開業している出産施設です。自宅で開業していることが多く、家庭的な雰囲気のなか出産できます。フリースタイル出産が可能なことが多いようですが、帝王切開などの医療行為ができないので、出産する本人の体調胃管理も重要になります。
23 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧

キャンペーン情報