2019年6月15日 更新

デリケートな赤ちゃんの肌を守る「肌にやさしいお風呂の入り方」

デリケートな赤ちゃんの肌を守るには“やさしく洗って、きちんと洗い流す”をことが大切。そのために意識したい「肌にやさしいお風呂の入り方」のポイントをご紹介します。

gettyimages (186288)

大人の肌よりも薄く、デリケートな赤ちゃんの肌を守るには“やさしく洗って、きちんと洗い流す”をことが大切。そのために意識したい「肌にやさしいお風呂の入り方」のポイントをご紹介します。

洗浄剤は低刺激のものを

gettyimages (186289)

赤ちゃんのお風呂に使う石鹸やシャンプーは、弱酸性の“低刺激ですすぎ落ちがいいこと”を重視して選びましょう。強い香料の含まれる化粧石鹸や、殺菌成分の入った薬用石鹸は避けましょう。

▼こちらの記事もおすすめです

よく泡立ててやさしく洗いよく流す

gettyimages (186286)

石鹸はよく泡立てて、ママの手か肌にやさしいタオルで洗ってあげましょう。泡タイプのボディソープを使うと便利です。石鹸成分が残らないように、首や脇の下などのくびれ部分は特に丁寧に流しましょう。

▼こちらの記事もおすすめです

お湯の温度はぬるめに

gettyimages (186277)

熱いお湯で体が温まり、血行が良くなると痒みを感じやすくなります。お湯の温度は、大人には少しぬるく感じる38~39度くらいが目安です。
23 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧