2020年12月4日 更新

こんなときどうすればいいの?子どもの困った行動解決法『アレルギーで制限があるのに食べたがる』

我が子のあんな行動やこんな行動・・・困った行動にどう対処すればいいの?今すぐ実行できる効果的な解決法・対処方法をご紹介します。

gettyimages (191714)

我が子のあんな行動やこんな行動など・・・困った行動にどう対処すればいいのか、ママは悩んでしまうことがありますよね。そんな時に今すぐ実行できる効果的な解決法があるんです!今回は『アレルギーで制限があるのに食べたがる』際の対処方法をご紹介します。

子どもの困った行動解決法『アレルギーで制限があるのに食べたがる』

gettyimages (191718)

共感して代わりのものを与える
子どもがぐずったり泣いたりするときは「食べられなくて悲しいよね」と伝え、共感してあげましょう。そして「○○は食べられなくて残念だけど、おいしい○○は食べられるから嬉しいね!」と提案してあげます。子どもが食事制限に納得し、代わりのものを受け入れることができたら、一緒に喜びましょう。
家族みんなが同じ制限をする
子どもだけに食事制限がある場合でも、子どもを応援するために、家族みんなが同じ制限の食事をするのも手です。日常生活の中で大人が思いやりを持って共感する姿を見せれば、食事制限を我慢して受け入れやすくなります。
食事制限を守れたら褒める
褒められれば、あなたは敵ではなく、心配してくれる大人だと感じます。「我慢できて偉いね。ありがとう。とっても頑張っているね」と言ってあげましょう。

まとめ

gettyimages (191721)

日々、育児に奮闘するママ。我が子が困った行動をしたとき、どうすれば子どもを尊重した言葉と態度で穏やかに対処できるかを知っておき、適切な振る舞いができるようにしておきましょう。
11 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧