2018年8月7日 更新

忙しいママの願いを両立!「時短」で「丁寧なお家ごはん」を叶える半調理レトルトのすすめ

忙しいママのお助けアイテムとして取り入れてみてほしいのが、”時短・半調理レトルト食品”!家族の食卓に嬉しい変化が訪れますよ。

gettyimages (162998)

「家事の時間はできるだけ短くしたいけど、大切な家族にはきちんとおいしいごはんを作ってあげたい」これは多くのママにとって共通の願いだと思います。そして「家族のために丁寧に食事を作りたいのに、時間がない!」というのもまた、多くのママが抱えるジレンマではないでしょうか。

最近は、焼くだけ・煮るだけの食材やカット野菜、合わせ調味料など、忙しいママに嬉しい時短アイテムが充実していますが、「手抜きしているような罪悪感」や「あまりおいしくなくて、家族が喜ばない」などの理由から、時短アイテムの中でもレトルト食品には手を出しにくいというママは少なくないはず。

そんなママにこそ使ってみてほしいのが、”半調理レトルト食品”。これまでのレトルトへの概念を覆し、わが家の食卓に嬉しい変化をもたらしてくれた、とっておきのレトルト食品をご紹介します。

時間も手間も大幅カットしてくれるのに、ちゃんと「手料理」になる!

手がかかる小さい子どもを育てていたり、仕事と育児を両立していたりすると、食事の時間に追われてしまって、キッチンに立つ時間も心の余裕もなくなりがちですよね。

筆者も一ヶ月ほど前から生後8ヶ月の娘の後追いが始まり、娘の泣き声を背にキッチンに立つ日が続きました。娘の離乳食はもちろん、自分たち大人の食事もできるだけ手をかけて、おいしく栄養バランスのとれたものをと思う反面、来月からは娘も3回食になるのに、この調子でやっていけるのだろうかという不安も感じていました。

そこで、宅配食材や作りおきレシピ、キッチンツールなど、ありとあらゆる角度から、時短でおいしいごはんを作る方法を洗い出し!そんな時に見つけたのが「mitasu」でした。
 (162967)

「mitasu」は、ビーフ、ポーク、チキン、ベジタブルの4種類展開の「半調理レトルト食品」です。パッケージの中には、柔らかいけれど食べ応えのある、絶妙な加減のお肉や野菜がゴロゴロ入っていて、皮を剥いたり、切ったり、茹でたり、炒めたりという手間を一気に省いて、あっという間に料理を完結することができるのです。
ただし「半調理」の状態なので、そのままお皿にあけて完成ではありません。好きに味付けしたり、アレンジしたり「手料理」として仕上げる余白が残されているのです。

レトルトなのに、わが家の味!こだわってプロの味にも

「mitasu」の魅力はなんといっても下ごしらえの手間を丸ごと省けて、味はしっかり自分好みに仕上げられるという「レトルト」と「手作り」のいいとこ取りなところ!

例えば、これまでのレトルトカレーは味が決まっていて、そこからいつもの家庭の味にアレンジするという発想はなかったと思います。

でも「mitasu」なら、鍋にパックの中身を開けて加熱し、好みのルウやスパイスを加えることで、家族好みのいつものカレーを簡単に作ることができるのです。
「mitasu」ポークで作ったカレー

「mitasu」ポークで作ったカレー

わが家ではこれまで市販の合わせ調味料もよく使ってきましたが、主人が味にうるさく、市販調味料の味では納得しないため、様々な薬味や調味料を足して味を整えていて、材料を切ったり炒めたりする手間も必要な合わせ調味料では、全然時短にならないと感じていました。

その点「mitasu」は、にんじん、玉ねぎ、じゃがいもとお肉が下ごしらえ済みの状態で入っているので、カレーやシチューを作るのが本当に楽!時間も手間も大幅にカットできるので、「今日はルウを使わずにスパイスのブレンドを楽しんでみようかな」、「隠し味を加えてホテルライクな深みのある味を目指してみようかな」、などと時間にも気持ちにも余裕が生まれ、キッチンでの時間をストレスフリーに過ごすことができます。

それに、自分で味付けができるから、子どもの分は薄味にしたりという加減も自由自在。ママにとって本当に使い勝手のいい食品だと感じています。

「mitasu」ビーフと冷凍ハンバーグで時短と思えないメニューが完成!

「mitasu」ビーフで作った煮込みハンバーグ

「mitasu」ビーフで作った煮込みハンバーグ

カレーの他に、もう一品おすすめの「mitasu」活用法をご紹介します。

その名も「超時短!煮込みハンバーグ」。これは、フライパンでハンバーグに軽く焼き目をつけ、お好みでマッシュルームなどを加えてソテーし、「mitasu」のビーフを加え、ハンバーグに火が通るまで煮込み、最後にビーフシチューのルウを溶かすだけ。

週末にハンバーグのたねを作って冷凍しておけば、忙しい平日の夜にはあっという間に本格的な煮込みハンバーグを味わうことができます。
「mitasu」にもゴロゴロと牛肉が入っているので、作った日にはハンバーグを中心にいただいて、残りは翌朝ビーフシチューとしてパンやサラダと合わせていただけば、翌日も時短でちょっと贅沢なメニューが楽しめたり、ママのアイディア次第で可能性は無限大です。
25 件

このまとめのキュレーター

mika mika

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧