2019年1月3日 更新

ヘアカラーはなぜダメージする?不安な方にオススメなカラー方法

ヘアカラーのダメージが不安な方必見!オススメのカラー方法とは?

 (175962)

カラー剤はノーダメージ。。。ではありません。
カラーリングはダメージします。

ヘアカラーは色を入れる時、1剤の中のアルカリ剤によってキューティクルを開き、髪の毛の中のメラニン色素を脱色します。この作用によって、髪の毛の中のタンパク質が流れやすくなってしまったり、キューティクルが開きっぱなしになることで、カラーリングからしばらくすると、髪の毛がゴワゴワしてきます。

これはほとんどのカラーをしたことのある方は経験があると思います。
そんな事を聞くとカラーリングしたくなくなってきますよね。

ですがオススメの方法があります。

徐々に明るくする

このトーンチャート
 (175965)

明るさが暗い所と明るいところの差は、アルカリのパワーに比例します。

割と初めてカラーをする方は、透明感を求めます。ですが透明感を出すには、10トーン以上は必要になってきます。6トーンのカラー剤に比べると倍以上のアルカリの配合になってきます。

なので、カラーリング初心者の方は、トーン低めから徐々に上げていきましょう。

髪質によってカラー後の傷み具合は変わりますので、徐々に様子を見ながら、というのがいいでしょう。
 (175968)

ロートーンでもおしゃれな色が揃ってます。
 (175970)

 (175971)

 (175972)

ダメージを抑えるにはヘアケアも大事

ダメージのほとんどが、カラーの際というよりかは、家に帰って数日してから起きてきます。
 (175975)

<シャンプー>
アミノ酸系のシャンプーを使うと、洗浄力が優しいので、髪の毛に刺激を与えず、さらにしっとりとさせてくれます。

<アウトバス>
アウトバストリートメントは、肌の化粧水や乳液と一緒。乾燥から髪の毛を守り、キューティクルを守ってくれますので、是非つけましょう。

<ドライヤー>
ドライヤーは根元から毛先に向かって。キューティクルはウロコです。ウロコが閉じる方向に向かって乾かす事で、ダメージを抑える効果もあります。
20 件

このまとめのキュレーター

元気ママ編集部 元気ママ編集部

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧