2019年9月3日 更新

絶品!ほうじ茶を使っておいしいデザートを作りましょう♪

お茶は飲むだけではなくデザートにも使える♪お茶を使った手作りお菓子をご紹介します。

昨晩からの雨が午前中降り続き、なんだか薄寒い日。こんな日は、あたたかなお茶が飲みたくなります。
  
つい先日まで冷たい麦茶ばかり飲んでいたのに、現金なものですね。

お茶をつかってデザートを作りましょう♪

 (47775)

煎茶・番茶・ほうじ茶、その時々の気分で使い分けていますが、実はこの茶葉、お菓子にも利用できるんです。そこで今回は、お茶を使ったお菓子を紹介します。

今回ご紹介する「ほうじ茶プリン」は、ほうじ茶の香ばしさとほろ苦さがきいた"ちょっと和風の大人のプリン”。

蒸して作るのできめこまやかで、なめらかな仕上がりです。キャラメルソースの代わりに、黒蜜をかけて召し上がってください。
「ほうじ茶プリン」のレシピ

【材料】(容量80mlの容器4個分)

・ほうじ茶の葉  10g
・牛乳     カップ2
・グラニュー糖  大さじ2
・卵(M)     2個
・エバミルク(無糖練乳) 大さじ2
・黒蜜      適量

【作り方】

1. 鍋に牛乳をいれ火にかけ、沸騰したら火から下ろし、ほうじ茶の葉を加える。蓋をして5分間蒸らしてから漉して、グラニュ-糖を加え、そのまま冷ます。

2. ボウルに卵を割りほぐし、泡だて器で切るように混ぜる。

3. 2に1のほうじ茶ミルクを加え、混ぜ合わせる。

4. 3にエバミルクを混ぜ、漉す。

5. 容器にいれ、湯気の上がった蒸し器に入れる。水滴が落ちないように、ふきんで包んだ蓋を少しずらしてのせ、弱火で12~13分蒸す。

6. 竹串をさしプリン液がでなければ蒸し器からだし、粗熱をとってから冷蔵庫で冷やす。食べる時に、好みで黒蜜をかける。

抹茶メレンゲもおいしいですよ♪

 (47778)

「緑茶メレンゲ」は、甘い余韻とともに、ほのかな緑茶の香りを残しながら、舌の上ですぅーとやさしくとけていきます。

これからは、ひと雨ごとに涼しくなっていきます。夏の終わりは、なんとなくもの悲しくなりますね。
「緑茶メレンゲ」のレシピ

【材料】(20~22個分)

・煎茶の葉       7g
・アーモンドプードル  40g
・粉砂糖        20g
・卵白         2個分
・グラニュー糖     40g

【作り方】

1. 煎茶をすり鉢に入れ、すりこ木で粉状にすりつぶし、アーモンドプードル、粉砂糖と合わせふるっておく。

2. 卵白をボウルに入れ、泡だて器で溶きほぐし軽く泡立てたらグラニュー糖の1/3を加え泡立てる。全体が白っぽく細かい泡状になったら残りのグラニュー糖を二回に分けて加えツノが立つまで堅く泡立てる。

3. 1を2に加え、ゴムベラでさっくりと全体を混ぜ合わせる。

4. 天板にオープンシートを敷き、スプーン2本を使って3㎝くらいに丸く形を整えながら間隔をあけて並べ10分くらいおく。

5. 4の表面をさわり、生地が指につかなくなったら、130℃に温めたオープンで20~25分焼く。

おすすめ絵本♪

今日のおすすめ絵本は「ゆうひのしずく」です。

ある夏の日。
ひとりぼっちのきりんが、なだらおかを駆け上がって、遠くの海を見ていた。

すると、どこからか、小さな声が聞こえてきた。

「きりんくん、きりんくん」
  
きりんは、草原を見回した…。
ひとりぼっちのきりん、いったいなにをみているの?
16 件

このまとめのキュレーター

オアシス オアシス

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧