2019年8月28日 更新

知っておきたい!不妊治療の基礎知識〜タイミング法〜

不妊治療のステップ1とされる「タイミング法」。妊娠しやすい時期を特定して、自然妊娠を目指しましょう!

男女が妊娠を希望し、避妊をせず一定期間、通常の性生活を送っているにもかかわらず、妊娠の成立を見ない場合を不妊といい、その一定期間は1年とされています。
一般的な不妊治療は、タイミング法、人工授精、体外受精・顕微授精という流れで進みますが、大切なのは自分の体の状態を正確に把握すること。
治療について夫婦で理解と納得をして、ストレスをためすぎないように妊娠を目指せるよう、早めに不妊治療の基本検査を受けましょう。
不妊はほとんど自覚症状がなく、原因もまだ分からないことだらけ。ただ、女性の年齢とともに妊娠率が下がることは明らかです。
病院で妊娠しやすい日を調べる「タイミング法」の基礎知識について知っておきましょう。

タイミング法

タイミング法は、女性の年齢が35歳以下で結婚1年以内、月経が順調、不妊の基本検査で特に問題が見当たらない人に向いている初期の不妊治療です。
排卵時期を予測し、その前後に夫婦生活を持つ治療法です。病院では超音波など各種検査の結果を見て、より正確に排卵日を予測します。

基礎体温をつける

thinkstock (134833)

基礎体温が低温期から高温期になる前後に排卵が起こるのが一般的です。基礎体温のグラフから月経周期や排卵の有無、ホルモンの状態を確認し、より正確な予測の参考にします。

排卵の3〜4日前頃に来院

thinkstock (134835)

月経中や月経直後は卵胞ホルモンが分泌されて、卵巣内で卵子が成熟する時期。尿検査(ホルモン検査)や超音波検査で卵子の成長の具合を調べ、排卵時期の予測をします。

26 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧