2019年8月28日 更新

ゆっくり行動を心がけよう!日常生活で意識したい妊娠後期の安全な動き方

妊娠後期になるとおなかが大きくなり、重みも増して、からだを動かすのがますます大変になります。日常生活で意識したい「妊娠後期の安全な動き方」をご紹介します。

gettyimages (161549)

妊娠後期になるとおなかが大きくなり、重みも増して、からだを動かすのがますます大変になります。今回は、日常生活で意識したい「妊娠後期の安全な動き方」をご紹介します。

妊娠後期に意識したい安全な動き方

・椅子に座るとき

gettyimages (161552)

いったん浅く腰かけ、それから深く座って背もたれに背中を付けます。

・床に座るとき

gettyimages (161554)

片方の足を曲げてひざをつき、何かにつかまりながらゆっくりと座ります。ドシンと座らないように注意して、あぐらをかくのが一番楽です。

・床から立ち上がるとき

gettyimages (161557)

まず両ひざをついてから片ひざを立て、何かにつかまってバランスを崩さないようにしながら、ゆっくりと立ち上がります。

・靴下を履くとき

gettyimages (161559)

立ったまま靴下を履くのは危険です。椅子などに腰かけてから履きましょう。

・落としたものを拾うとき

gettyimages (161562)

ゆっくりと腰を落とし、姿勢を安定させてから手を伸ばします。立った姿勢のまま前かがみになるのは避けましょう。

まとめ

gettyimages (161556)

18 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧