2018年8月9日 更新

自分に合った出産方法を選ぼう!分娩の種類まとめ

出産は新しい家族が誕生する特別な瞬間です。自分が納得できる出産方法を選び、積極的に出産にのぞみましょう。

gettyimages (162516)

最近ではさまざまな分娩の種類があり、それを選ぶことができる時代です。どんな風に出産したいかを決めるためにも、分娩の種類を把握しておきましょう。

分娩台での出産

gettyimages (162533)

一般的な方法は、分娩台での出産です。分娩台の背もたれと足のせ台の位置は調整ができるので、自分がラクな姿勢をとりましょう。

フリースタイル分娩

gettyimages (162535)

分娩台に上がらず、自分の好きな体勢で産むことができるフリースタイル分娩は、自分のペースで出産を進めることができます。ただし、どの病産院でもできるわけではなく、赤ちゃんやママの状態によって不可能な場合もあります。

フリースタイル分娩を希望する場合は、行なっている病産院を探し、早い段階で診てもらう必要があります。

立ち合い出産

gettyimages (162536)

夫婦で感動を共有したい、と立ち合い出産を希望する人も多いかと思います。ほとんどの病産院で立ち合い出産は可能ですが、施設によっては事前に申請が必要なところ、両親学級への参加が必要であるところなどがあります。事前に確認をしておきましょう。

自宅出産

gettyimages (162537)

リラックスできる場所で産みたいと考えるなら、自宅や助産院での出産という選択肢もあります。どちらも助産師によるもので、帝王切開や会陰切開などの医療行為が行えない出産のため、妊娠経過に問題がない場合のみ可能です。
また、最近では陣痛から分娩、産後の回復までを全て同じ場所で過ごすことができるLDRという部屋を設けている病院もあります。
27 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧