2020年12月24日 更新

初めての離乳食作り!進め方やあると便利なグッズ5選

生後5ヶ月ごろになるといよいよ離乳食が始まります。初めての時はどんな風に作ればいいのか、分からないことも多いですよね。今回は、初めての離乳食作りにあると便利なグッズを5つご紹介します!

離乳食の進め方は?

 (251104)

離乳食は、生後5〜6ヶ月ごろから赤ちゃんの様子を見ながら少しずつ進めていきます。

初期はごっくんと食べ物を飲み込む練習をする時期、中期になると舌で潰しながらもぐもぐの練習をする時期、後期は歯ぐきでつぶせる固さのものを食べる時期です。

そうして少しずつ段階を経て、食べ物を食べられるようになります。ですので、離乳食作りでは、時期に合わせて適切な固さの食材を調理する必要があります。

そんな離乳食作り、初めての時は不安になりますよね。そんなママを助けてくれる心強い便利なアイテムたちをご紹介します。

①ピジョン調理セット離乳食用

離乳食作りは、すりつぶしたり、裏ごししたりなど様々な手間をかけて作る必要があります。全部の道具をそろえるのは大変ですし、何を買ったらいいのか分からない…と困った時にはこちらの「ピジョン調理セット離乳食用」がおすすめです。

すりおろし、すりつぶし、裏ごし、ジュース搾り、冷凍保存など一通り離乳食作りに必要なグッズがひとまとめになった便利なセットです。これだけ揃っているにもかかわらず、収納時には重ねてコンパクトに収納できるのも嬉しいポイントです。

しっかりとした作りと使いやすさ、そして器としてそのまま食卓に出せるサイズ感も便利で重宝すること間違いなしです。

②リッチェル炊飯器用おかゆクッカーE

リッチェル 炊飯器用おかゆクッカーE

693
リッチェル 炊飯器用おかゆクッカーE
離乳食のスタートは10倍粥から始まります。しかも最初のうちはとても少量からのスタートなので、離乳食のためだけにおかゆを炊いたり作ったりするのはとても大変ですよね。

そんな時に便利なのがこちらの「リッチェル炊飯器用おかゆクッカーE」です。耐熱ガラス製の容器を使って、大人用のご飯を炊くのと一緒に離乳食用のおかゆも炊けちゃう、とても便利なグッズです。

付属のスプーンでお米を計り、メモリに合わせて水を入れるだけなのでとっても簡単!10倍粥だけでなく、水の量を調整すれば様々な固さのお粥が作れるので、離乳食期には長く活躍してくれます。

また、すり鉢とスプーン付きなので、赤ちゃんに合わせて食べやすいようにすりつぶして作れるのも嬉しいポイントです。

③エジソンママ冷凍小分けパック

離乳食は作るのもとても手間がかかるので、多めに作って冷凍保存しておくのが便利ですよね。

そんな時に活躍してくれるのがこちらの「エジソンママ冷凍小分けパック」です。Sサイズは1個当たり7.5ml、Mサイズは15ml、Lサイズは45mlとサイズ展開も豊富で、食べる量や食材によって使い分けができてとても便利です。

後ろから軽くポンと押すだけで簡単に取り出せるので、忙しい時でもすぐに用意ができるのが嬉しいポイントです。しっかりとした蓋がついているので、こぼれる心配もありません。

④ピジョン離乳食冷凍小分けトレイ30.50ml

こちらは一つのトレイで30mlと50mlの2サイズのブロックが冷凍できる小分けトレイです。

トレイの中に段差があり、1つのトレイで2サイズ用として使用できるので、食べる量や食材によって色々と使い分けしやすいのが嬉しいポイントです。

うすい蓋がついていて、重ねて冷凍庫へ入れることができるので、場所も取らず効率的です。容量が大きめなので、筆者は主食のお粥の冷凍保存にとても重宝しました。
22 件

このまとめのキュレーター

k.na__chi k.na__chi

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧