2019年8月29日 更新

新幹線でアート&カフェ!「GENBI SHINKANSEN」“世界最速の芸術鑑賞”を新潟で

アート好き必見!ワクワクいっぱいの新幹線とは

いよいよ今月末にはゴールデンウィークがスタートします。

まだ予定がお決まりでない方は、新潟で貴重なアート体験をしてみませんか?

「GENBI SHINKANSEN」

 (29573)

JR東日本が「新しい東日本エリアを発見・体験」することにこだわった世界最速の芸術鑑賞「GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)」が2016年4月29日に上越新幹線 越後湯沢~新潟間でデビューします。

本列車では、新幹線で移動しながら現代アートを鑑賞するというユニークな演出、いわば“世界最速の芸術鑑賞”を体験することができます。

外装は蜷川実花さんがデザインし、黒地の車体全体に夏の夜空を彩る長岡の花火を描き出しており、アート好きな人や、ユニークな体験がしたい人は要チェックな新幹線になっています。

「GENBI SHINKANSEN」の様々な魅力

走る新幹線の中で現代アートを鑑賞!
 (29582)

内装は各車両ごとに異なるアーティストがデザインし、今注目の8アーティストが、今回のために製作した現代アートを各車両に展示し、それぞれの空間を演出しています。

作品は、絵画や写真、映像など多彩で、他では見られないここだけの鑑賞体験を楽しむことができます。
地元食材を使ったスイーツとこだわりコーヒーを堪能!
 (29589)

現美新幹線のもう一つのポイントが、13号車にあるカフェスペースです。

菓子研究科・いがらしろみさん監修した「十日町すこやかファクトリー」製のスイーツが登場。「魚沼産米粉のバニラケーキ」「佐渡クリームチーズのレモンケーキ」など新潟産の食材
を使ったお菓子は見逃せません。
 (29592)

新潟県燕市にある「ツバメコーヒー」のこだわりのコーヒーも登場予定。車内の現代アートを鑑賞しながら、ゆったりカフェタイムを楽しむことができます。

運転日・運行ダイヤについて

 (29595)

23 件

このまとめのキュレーター

hanako♬” hanako♬”

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧