2019年8月28日 更新

どんなものがある?妊娠初期に起こりやすいマイナートラブルの原因と対処法まとめ

おなかがまだ小さい妊娠初期にもさまざまなマイナートラブルが起こりやすくなります。妊娠初期に起こりやすいマイナートラブルの原因と対処法についてまとめました。

gettyimages (153727)

おなかがまだ小さい妊娠初期にも、ホルモン分泌量の変化の影響などによって、さまざまなマイナートラブルが起こりやすくなります。では、初期のマイナートラブルにはどんなものがあるのか?いくつかご紹介します。

妊娠初期のマイナートラブル① 眠い

gettyimages (153730)

なんとなくだるくて眠けを感じたり、ひどいときには一日中眠くて家事や仕事が手につかないといった症状は、妊娠が判明するぐらいのころから、かなり多くのママが感じるトラブルです。

その原因は、妊娠成立と同時に大量に分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響といわれていますが、厳密にはよくわかっていないんだとか…。眠けに任せて昼間にあまり寝すぎてしまうと、生活のリズムが崩れる心配も。15分ほどの短時間仮眠をとったり、散歩や軽いストレッチで体を動かしてみると気分がスッキリします。

妊娠16週頃になって胎盤が完成するころには、ママの体がホルモンの状態に慣れてくるので、眠けは落ち着いてきます。一時的な症状なので頑張って乗り切りましょう。

妊娠初期のマイナートラブル② 妊娠線

thinkstock (153733)

妊娠線はおなかや乳房、太ももなどが急に大きくなるとできやすい、妊娠特有のトラブルです。筋肉や脂肪のつき方が早すぎると皮下組織がその変化についていけず、ひび割れたような線ができます。それが薄い皮膚に透けて、みみず腫れのように見えるのが妊娠線です。

妊娠線をできるだけ予防するためには、妊娠初期から体重増加に気をつけるのが一番です。食事は低カロリーを心がけましょう。

また、安定期の5ヵ月頃から妊娠線のできやすい場所に保湿クリームを塗ってケアするのもおすすめです。皮膚の潤いを保ち、入浴後などにケアして血行をよくすると、皮膚が柔軟に伸び、妊娠線ができにくくなるといわれています。

妊娠初期のマイナートラブル③ 口内のトラブル

thinkstock (153737)

妊娠中は、つわりで歯磨きなどの手入れが不十分になりやすい、ホルモンバランスの影響によって口の中の粘膜が充血する、唾液の分泌量が減少するといった口内環境の変化が起こりやすくなります。そのため、虫歯や歯周病、歯ぐきの出血、口の中がネバネバするなどのトラブルや不快症状が発生しがちに。

つわりの最中は、うがい薬や殺菌効果のある緑茶などで口をすすぐだけでも違います。また、つわりが終わったら歯磨きを丁寧に行うようにして、常に口の中を清潔に保つように心がけましょう。

まとめ

thinkstock (153740)

今回は、妊娠初期のマイナートラブルについてご紹介しました。原因や対処法を知って、上手に乗り越えましょう。
16 件

このまとめのキュレーター

sena sena

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧

キャンペーン情報