2020年3月10日 更新

今やらないでいつやるの?正しい紫外線対策で老けない肌をつくる!

知っているようで知らない紫外線対策。お子さんと外で遊ぶ機会が増える春夏に備えて正しい紫外線対策をご紹介します。あなたが悩むあの肌トラブルももしかしたら紫外線が原因かもしれません…!

夏になってから紫外線対策するのは遅すぎる?

gettyimages (218618)

紫外線量が特に多い時期をご存じですか?暑い7月や8月と思う方が多いのではないでしょうか。実は4月から少しずつ紫外線量は増え始め、5月から8月にかけてがピークとなります。暑くなってから日焼け止めを塗り始める方がいますが、本来は春から対策をとることが重要です。

紫外線が原因で起きる肌トラブルはシミ以外にも

gettyimages (218729)

紫外線が原因で起こる肌トラブルで代表的なものといえば『シミ』。紫外線から体を守るためにメラニンが排出され、通常であれば肌は均一に黒くなります。しかしメラニンを製造するメラノサイトという部分がエラーを起こすと一部分のみにメラニンが排出され、それがシミとなって表皮に表れます。

しかし、紫外線の恐ろしさはそれだけではありません。シミと同じくらい怖いのが『シワ』『たるみ』の元になるということ。シワは老化現象でしょ?と思われがちですが、実は老化現象の約8割は紫外線によるものと考えられています。

老けて見える3大要素『シミ』『シワ』『たるみ』を防ぐには紫外線対策はマストなのです。

時間もお金もかけずに対策する方法

紫外線の恐ろしさは分かったけれど、小さな子供がいるママは外に出ないという選択肢は選べません。スキンケアに手間をかけたり高価な化粧品を揃えたりすることが難しかったりするのも事実。そこで普段の生活に取り入れやすい紫外線対策方法をご紹介します。

『塗る』ことを習慣に!

gettyimages (218731)

まずはとにかく日焼け止めで肌を守ることが大切。塗り忘れてしまうことのないよう、毎朝のルーティンとして組み込んでしまいましょう。習慣化してしまえば歯磨きや洗顔のように無意識で行うことができるようになります。今の内から習慣づけておけば、紫外線量が増え始めるころには難なく塗ることができているはず。

日焼け止めの賢い選び方

gettyimages (218733)

日焼け止めのパッケージに表示されているSPFやPAとは一体何なのでしょうか。

簡単に言うと、紫外線に対する防御力の数値を表しています。SPFはシワやたるみを引き起こすUVBを防ぐ効果の数値、PAは皮膚表面の炎症やシミを引き起こすUVAを防ぐ効果の目安が記されています。

数値が高ければ良いというものではなく、出かける場所や肌の状態に合わせて使い分けることが大切です。海や山など紫外線が強い場所へのレジャーは数値高めかつウォータープルーフタイプをチョイス。肌に残ると負担になるので、夜はクレンジングで丁寧に落としましょう。

敏感肌で肌が揺らぎやすい方は数値の低い石けん落ちタイプが安心。お子さんと使えるUVケアアイテムもたくさん販売されているので、親子で一緒に使うのも良いですね。

23 件

このまとめのキュレーター

駒

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧