2019年8月28日 更新

安産になるための体づくり~妊娠後期( 28週 ~)編~

安産を目指す妊婦さんの体作りのアドバイスを紹介。簡単にできるものばかりなので、今日から試してみてね!

おなかがどんどん大きくなってくる後期。赤ちゃんの存在より実感できます。生まれてくる赤ちゃんに語れるような良いこと、いっぱいしておきましょう。

①お産の不安を解消する

 (1230)

オキシトシンは陣痛を促進するため、安産ホルモンと呼ばれています。良好な対人関係で分泌されるので、パパとハグしたり、リラックスして過ごして。


◆バースプランを書いてみよう◆
生むのはママですから、「こういうお産をしたい」とノートに書いてみるとGOOD!いいお産のイメージをつけてポジティブにお産に臨んで。


◆ポジティブに話せる人を探す◆
おなかが大きくなってくると不安は増します。不安は話すことで楽になるので、母・友人などお産をポジティブに考えてアドバイスをくれる人に話してみて。


◆ニッコリして安産ホルモンを出す◆
妊娠中は人生の中でもっとも幸せな時期。笑うと子宮もほんわかとあったかくなり、ふんわり緩みます。ニッコリできることを見つけましょう。

②トレーニングで安産を手に入れる

ネガティブになると不安が高まります。お産に向けて、ポジティブにトレーニングをして安産力を高めましょう!やれるだけやれば、あとはなんとかなる!


◆呼吸法の練習をしよう◆
お気に入りのぬいぐるみなどに向けて、フーと長く吐く呼吸を練習してみて。顔に目があるものは、なんとなく守られているイメージがあります。


◆バラのつぼみが開く気持ちでイメトレ◆
バラのつぼみが少しずつ開いていくイメージで、子宮口が開く様子をイメージトレーニング。信じるものは救われます!イメージを体にしみこませて。


◆骨盤ストレッチで産道をイメージ◆
腰に手を当てて、肩幅に脚を開きます。産道はJの形をしているので、Jをイメージしながらひざを曲げて骨盤を前にぐっと傾け、元に戻します。


◆妊娠30週から会陰マッサージにチャレンジ◆
たとえていうと、あかぎれでパッと皮膚が切れる感じで、会陰は切れます。でも会陰マッサージをしている人は、見ているだけで違いがわかるくらい柔らかく伸びます。だまされたと思ってぜひ試してみてほしいですね。

会陰マッサージにチャレンジ

①つめを短くして石鹸でしっかりと つめの間まで洗います。
②親指が膣にはいる姿勢を取ります。
③ホホバオイルなどを親指につけ、体の力を抜き、息を吐きながら膣の中へ。最初のうちは第一関節まででOK。膣の中から皮膚を持ち上げるイメージで会陰を圧迫。
④慣れたら、肛門を6時の方向として4時から8時の間を圧迫しながらマッサージします。
9 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧