2020年4月2日 更新

かゆみ・カサカサ・黒ずみが気になる・・・妊娠中のスキンケアは生活習慣を見直そう!

妊娠中のママの体には、ツワリや味覚の変化をはじめ、あらゆる変化が起きるもの。中でも、お産までの全期間を通じて感じやすいのが「肌」の変化ではないでしょうか?実は妊娠期間は、女性にとって肌が大きくゆらぎやすいタイミングのひとつ。今回はそんな妊娠中、"肌のために"見直したい生活習慣のポイントをお届けします。

妊娠を機に肌が敏感に!?ホルモンの影響でゆらぎやすい、妊婦さんの肌

gettyimages (220506)

「乳首の周りがかゆくて、つい掻きむしっちゃう」「足のすねがカサカサする」「気がついたらお腹に黒ずみが…」妊娠中は、そんな肌トラブルに悩むママさんも多いはず。これは、妊娠を維持するために分泌される"女性ホルモン"による影響で、肌のバリア機能が低下することが大きな原因とされています。

また「妊娠してから、暑がりになった」という声もよく聞くように、新陳代謝が上がり、汗もかきやすくなるのが妊娠中。日常生活の中でかく汗や、分泌量が増える皮脂などが、肌トラブルにつながる場合もあります。

ただでさえ、大きなお腹に圧迫されて寝苦しい毎日の中で、肌のかゆみにまで耐え続けるのはつらいもの。また妊娠中だからと言って、体に黒ずみができてしまうのは、ママとしてはショックですよね。

そこで今回は、そんな妊娠中のデリケート肌のために始めたい、お手軽なスキンケア習慣をご紹介します。

スキンケア習慣①お湯の温度に要注意!体はやさしく手で洗って

gettyimages (220507)

体をゆっくり温められるバスタイムは、妊娠中の心と体をほぐしてくれる貴重な時間。でも一歩間違えると、肌トラブルを招く原因となることもあります。

たとえば気をつけたいのが、お湯の温度。「お湯でお皿洗いをすると、手肌がガサガサになった」という経験をお持ちの方もいるかと思いますが、熱めのお湯に浸かると、肌にとって必要な皮脂までも流されてしまいます。肌のうるおいをキープするために、お風呂の温度は38~39度前後のぬるま湯がおすすめです。

また身体を洗う時は、よく泡立てたボディソープで肌を包むようにして、"素手"でやさしく洗うのがベター。ナイロンタオルなどでゴシゴシ洗ってしまうと、シミの元となるメラニン色素をつくる"メラノサイト"が刺激され、黒ずみが増えてしまう恐れがあります。特に、妊娠中に黒ずみができやすい"腋"はメラニン色素が集中している場所。既に黒ずみができてしまっている場合は、あまり刺激を与えないようにしましょう。

もちろん、お風呂上がりに体をごしごし拭くのも、肌への負担に。バスタオルを肌にぽんぽんと軽く押し当てるようにして、水気を吸い取るのがオススメです。

スキンケア習慣②内側からもしっかりケア!すこやか肌を育む2つのビタミン

gettyimages (220518)

ゆらぎやすい妊娠中の肌を守って、トラブルが起きづらい肌へ整えるためには、外側からのケアと同時に、普段の食事からもきちんと栄養を補って、内側からもケアすることが大切。毎食の栄養バランスを考えつつ、特に意識して摂りたいのが「ビタミンC」と「ビタミンE」です。

ビタミンCが美容に良いことは、ご存知のママも多いと思いますが、これは美肌づくりの土台となるコラーゲンの生成を助け、シミやくすみの原因となるメラニンの発生を抑えてくれるから。パプリカやブロッコリー、芋類や柑橘類などに多く含まれていますが、水に溶けやすく熱に弱いため、スキンケア効果を狙うなら、野菜は生のままサラダでいただくか、溶け出したビタミンも一緒に飲めるスープにするのがオススメです。

またビタミンEには、毛細血管を拡張する効果が。肌のすみずみまで、血液を行き渡らせることで、必要な酸素や栄養素を送り届けてくれるので、ビタミンCと一緒に摂ることで、より美肌効果を期待できます。ビタミンEはナッツ類やアボカド、キウイなどに多く含まれているので、サラダのトッピングなどに意識してプラスすると良いでしょう。

スキンケア習慣③かゆみや湿疹があるときは、普段の衣類も見直して

gettyimages (220524)

妊娠週数が進むにつれて、お腹や手足をはじめ、体のあちこちにかゆみを覚えるという妊婦さんは少なくありません。これは、お腹が大きくなるにつれて皮膚が伸びることや、過敏になった肌への"衣類の擦れ"が原因となっていることも。衣類による刺激を少なくするためにも、低刺激素材の服やインナーを選びましょう。

また腋や乳房の下、股などに湿疹が生じる場合は、皮膚同士の摩擦が原因となっていることも。そういった際にも、衣類による刺激を減らし、患部を清潔に保つことが大切です。

またかゆみが生じると、ついつい我慢できずに触ってしまいたくなりますが、掻きむしってしまうと、肌のバリア機能が低下し、よりかゆみが強くなるのでぐっと我慢を。症状が続くときには皮膚科医へ相談し、処方された軟膏などを使用しましょう。

大切なのは"ほんのちょっとの心がけ"!すこやか肌で快適なマタニティライフを

gettyimages (220530)

妊娠経過に従い、「もうすぐ赤ちゃんに会える!」と期待が高まるとともに、さまざまな肌不調も抱えなくてはいけない妊娠期間中。せっかくなら、トラブルの少ないすこやかな肌で、ハッピーなこの時間を過ごしたいものですよね。

妊娠中はツワリなどで、思うようにバランスの良い食事が摂れなかったり、身の回りのことに目を向けられないことも多いもの。無理をせず自分のペースで、肌や体にイイコトを"ほんのちょっと"取り入れて、ストレスの少ない快適肌へ整えてあげましょう!





ぴよちゃんママさんのまとめ一覧
15 件

このまとめのキュレーター

ぴよちゃんママ ぴよちゃんママ

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧