2022年11月14日 更新

【レビュー】食材を入れたら放置でOK!便利すぎる◎Siroca(シロカ)の電気圧力鍋

小さい子どもが居ると料理に時間をかけづらいもの。我が家では『電気圧力鍋Siroca(シロカ)』のおかげで、料理に対するストレスが激減しました。シロカの魅力を、おすすめである理由や実際に使った感想とともにご紹介しています。

我が家には、現在3歳と0歳9ヶ月の2人の子どもがいます。
まだまだ2人とも子どもですので、眠たくなってくる夕飯時は1日の中で最も機嫌が悪く、筆者は落ち着いて夕飯を作ることなどできません。そこで活躍するのがsiroca(シロカ)の電気圧力鍋!
食材を切って調味料を加え、ボタン操作をするだけで「放ったらかし調理」ができます。
我が家では、毎日の食事づくりにシロカが大活躍しているため、その魅力をご紹介したいと思います!
 (328485)

siroca(シロカ)の電気圧力鍋とは?

シロカの電気圧力鍋は、1台で6役の機能があるのが特徴です。圧力調理・無水料理・蒸し料理・炊飯・スロー料理・温め直しができます。この「温め直しができる」というのが、筆者的には高ポイント。

電気圧力鍋の中には、温め直し機能がないタイプもあるのですが、そうすると温めるために鍋に移し替えたり、レンジで加熱する必要が出てきてしまいます。

シロカの電気圧力鍋にはいくつかタイプがあるのですが、我が家は容量4リットル(2~6人用)の「SP-4D150」というタイプを使っています。2022年11月時点ではSP-5D151が最新タイプです。

siroca(シロカ)の電気圧力鍋をおすすめする理由

①パーツが少ない

 (328486)

電気圧力鍋は、細かいパーツが多い商品が一般的かと思います。
筆者は、細かいパーツが多いと、洗うのが嫌になって使わなくなる傾向があるため、パーツが少ない電気圧力鍋を探して、シロカを選びました。

シロカは、パッキン・内鍋・フタを取り外して洗うだけで良いため、ストレスなく洗うことができます。細かい洗い物を減らしたいという方には、シロカをおすすめします。

②デザインがシンプル可愛い

家電も、見た目が大事ですよね。シロカは、シンプルな見た目でフォルムもスマートですので、周りのインテリアにも馴染みやすいと感じています。

筆者が購入した時は、黒・赤・白しか色の展開がありませんでしたが、現在はダークブラウン・グレーのタイプもあるのだそう。

赤のシロカはインテリアのアクセントになりますし、他の色もインテリアの邪魔をしないため、どんなお家にも合うかと思います。毎日使うものですから、見た目も可愛いと気分が上がりますよね。
家電の見た目にもこだわりがある人は、シロカを検討してみてください。

③操作方法が簡単

電気圧力鍋で気になることといえば、操作の複雑さだと思います。筆者も、シロカの電気圧力鍋を購入するまでは「電気圧力鍋を買っても使いこなせないのではないか」と懸念していました。

しかし、シロカの電気圧力鍋は、迷うことがないくらい操作ボタンが少なく、分かりやすくなっています。機械音痴の筆者でも、スムーズに操作することができているため、複雑な操作が苦手な人にもおすすめです。
25 件

このまとめのキュレーター

nao nao

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧