2020年5月31日 更新

知っているようで知らない?セルフムダ毛処理のメリット・デメリット

夏が近づくにつれ気になるムダ毛。あなたが行っている普段のムダ毛処理、もしかしたらもっと効率の良い方法があるかもしれません。

gettyimages (227245)

近年、医療脱毛やエステ脱毛に通っている方が増えていますが、なかなか踏み切れない方、お子さんがいてサロン脱毛に通う時間が取れない方も多いのではないでしょうか。

間違ったムダ毛の自己処理を続けていると、肌トラブルの引き金となることもあります。セルフ処理でも美肌を手に入れたいなら、自分でできるムダ毛処理方法のメリットとデメリットを知って、自分に合うケアを取り入れることが大切です。

セルフ処理のメリット

gettyimages (227248)

ムダ毛のセルフ処理にはどのような方法があるのでしょうか?
今回は、メジャーなセルフ処理方法をメリット・デメリットとともにご紹介します。

カミソリで剃る

gettyimages (227255)

セルフ処理の中で最も手軽に行えるのが、カミソリを使って剃る方法です。シェービングクリームや石けんの泡を肌に乗せ、カミソリを毛の生えている方向に沿ってなでるように滑らせます。

カミソリで剃るメリットは、とにかく簡単で時間がかからないこと。脚や腕、お腹のように面積の大きい箇所でもスピーディーに処理することができます。

デメリットは、毛だけでなく肌の表面も少なからずそり落としてしまうことです。剃毛後はボディクリームのような保湿剤で必ず保湿をしましょう。保湿が十分でない場合、乾燥したり赤み、痒みを引き起こすことがあります。

毛抜きで抜く方法

gettyimages (227258)

授業中の暇つぶしでやっていた…なんて人もいるのでは?根気のいる作業ですが、やり始めると止まらない集中力が高まる処理方法です。

毛抜きで抜くメリットは、次生えてくるまでの間隔が長くなることです。毛根から抜いてしまうので、生え始めのジョリジョリ感を感じないのもうれしい点。細くて柔らかい毛より、脇や眉、Vゾーンのような太くてしっかりした毛に向いている処理方法です。

デメリットは、毛穴の負担が大きいため毛包炎や埋没毛の原因になること。もし埋没毛になってしまったときは、掘り起こして抜きたい衝動にかられますが、グッと堪えてください。色素沈着や傷になって残ることがあります。

保湿をして皮膚表面を柔らかく保つことで毛先が出てくるのを気長に待ちましょう。

脱色剤で毛を目立たなくする

gettyimages (227261)

毛の薄い人や少ない人は、ムダ毛を脱色して目立たなくさせる方法もあります。

脱色のメリットは、剃ったり抜いたりするよりも肌へのダメージが少ないため、毛穴のトラブルになりにくいことです。とはいえ、脱色剤で肌が荒れる敏感肌の方もいらっしゃるので、必ずパッチテストをしてから使用しましょう。

色が抜けて目立ちにくいとはいえ、毛は生えている状態なため、至近距離で見ると毛の存在に気づかれる可能性があるのがデメリットかもしれません。二の腕や太もものように、比較的毛の薄い部位で行うのがおすすめです。

22 件

このまとめのキュレーター

駒

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧