2022年6月12日 更新

熱中症や虫刺されから子どもを守る!暑い季節のお出かけ必需品5選

暑い季節でも外で遊びたいのが子どもたち。でも、暑い中で遊んでいると、熱中症や日焼けのリスクも気になります。そこで、小さい子どもとの暑い季節のお出かけにあったら便利なものをまとめました。

気温も夏日を記録する日が増え、だんだん日差しも強くなってきました。大人はなるべく日中の外出を控えたいところですが、子どもはそんなのお構いなし!外を走り回って、体も頭もたっぷりと汗をかき、楽しそうに遊んでいます。

でも、暑い季節のお出かけで気になるのは気温と日差し。最近は温暖化の影響で外だけでなく、室内での熱中症も懸念されますよね。そこで2歳の娘と毎日のようにお出かけする筆者が、暑い季節のお出かけにあると便利なものをまとめてみました。バッグに入れておくと、いざというとき安心です!

ハンディファン

 (311553)

今や代表的な夏の必需品!最近では100円ショップから家電メーカーまで、色々なタイプのハンディファンが販売されています。おしゃれでスタイリッシュなものや羽が無いものなど、選ぶのに迷ってしまうほど種類も豊富です。

我が家では手軽に持つタイプのものと、置いたりかけたりして使うタイプの2種類を常備。手持ちタイプはピンポイントで風を当てることができ、置くタイプはベンチに座って子どもを見守っている時などに置いてママも快適に過ごすことができますよ。

汗取りパット

 (311554)

赤ちゃんの頃によく使っていた汗取りパットですが、実は我が家ではこれが今でも大活躍!汗をかいてすぐに着替えられないときや、遊んだ後にそのままお買い物に出かけるときなど背中に忍ばせておいて引き抜くだけです。

娘が使っている汗取りパットは3COINSで購入したもので、大きいリボンが襟元に引っかかるので、遊んでいても落ちることがありません。汗をたくさん吸収してくれるので、体が冷えるのも防いでくれます。ガーゼタオルに大きいリボンやセーラーカラーなどを縫い付ければ、オリジナルの汗取りパットも簡単につくることができそうですね。

濡れタオルと保冷剤

 (311555)

子どもが汗をかいた後はあせもになるのをふせぐためにも、できるだけ早く拭いてあげたいですよね。そんな時に便利なのが、「濡れタオル」。ハンドタオルくらいのサイズでいいので、濡らした状態でジッパーバックに入れておけば、スッキリと体を拭いてあげることができます。
さらに、保冷剤と一緒に小さめのクーラーバックに入れておくと、使用する際にひんやりして気持ちがいいですよ。熱中症を防ぐためにも保冷剤はいくつか持っておくと便利です。

日焼け止め

 (311556)

自宅でどれだけしっかり塗っていても、汗をかいたらすぐに落ちてしまいます。そこで何度も塗り直しができるよう、日焼け止めは必ずバッグに入れておきましょう。子どもが日焼け止めを塗るのを嫌がる時にはスプレータイプのものが便利。シューッとスプレーされる感触をおもしろがってくれます。
日焼け止めは親子で使える肌に優しいものを選んでおくと安心ですね。また、走り回って帽子が脱げても大丈夫なように、デリケートな子どもの髪にも使えるようなものがあると便利です。
22 件

このまとめのキュレーター

星好きあこ 星好きあこ

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧