2020年2月13日 更新

美容皮膚科医が教える「原液美容液」の選び方と話題の原液美容液5選

成分自体の美肌効果をダイレクトに得られる可能性が高いと注目されている「原液美容液」。今回は、美容皮膚科医の解説による原液美容液の選び方に加えて、筆者が調査した評判の良い原液美容液をご紹介します。

毎日使う美容液、皆さんはどんな風に選んでいますか?最近では「原液美容液」というものがトレンドになっており、成分自体の美肌効果をダイレクトに得られる可能性が高いと注目されています。

美容皮膚科医がレクチャー!原液美容液の選び方

gettyimages (216257)

今話題の原液美容液とは、「原料メーカーが製造している美肌に役立つ成分をそのままの状態の美容液」のこと。医療法人康梓会 Y’sサイエンスクリニック広尾統括院長の日比野佐和子先生によれば、原液美容液はその日の肌状態に合わせた「使い分け」がおすすめなのだそう。
肌のコンディションによって必要な成分は異なります。その時のコンディションを改善するための成分を選んで、肌に届けられるのも原液美容液のよいところです。

自分の肌傾向や弱点を鑑みて、今の肌に必要な成分を複数組み合わせて使用することもおすすめです。原液ごとに重ねづけをしましょう。
そこで、日比野先生が解説する、肌悩み別におすすめの美容成分をご紹介します。
『積み重なる年齢肌悩みをなんとかしたい…』なら…「ヒト幹細胞培養エキス」
肌の表皮や真皮に存在する幹細胞を活性化して肌のターンオーバーを促す効果が期待できると「幹細胞コスメ」が話題ですが、ヒト幹細胞培養エキスを直接肌に塗ることにより、肌の表皮細胞や真皮細胞を活性化してくれる作用が期待できます。

ヒト幹細胞培養エキスは、ヒト由来の幹細胞を培養し、抽出することで作られます。

ヒト幹細胞が分泌したコラーゲンやヒアルロン酸など皮膚組織に欠かせないタンパク質や、成長因子(グロースファクター)、サイトカインなど生理活性物質が豊富に含まれています。

これら有用成分を培養液に効率よく分泌させるには、培養中に実際に生体の中でおきるトラブルを模倣し、最適な酸素の量や温度変化、振動などの刺激を与える環境が必要です。この工程をきちんと行っているヒト幹細胞培養エキス原液を選びましょう。

ヒト幹細胞培養エキスを直接肌に塗ることにより、肌細胞になり変わったり、分化して、整肌効果が期待できます。
一番気になるのはやはり年齢を重ねたことによる肌悩み。そんな悩みを持つなら、ヒト幹細胞培養エキスの原液美容液がおすすめ。選ぶポイントは、培養中の工程にあるということ。化粧品メーカーが出している説明文を読んだり、場合によっては問い合わせてみるのも良さそうです。
『ハリ・弾力・潤いケアをしたい』なら…「コラーゲン」
コラーゲンはたんぱく質の一種で、人間の皮膚の70%がコラーゲンでできているともいわれています。しかし、コラーゲンは年齢とともに減少し、質も劣化してしまいます。これが年齢とともに肌あれやクスミ、小ジワなどの原因に。コラーゲンを直接お肌につけることで補えるのがコラーゲン原液です。

一言でコラーゲンといっても、分子の大きいものだと皮膚に吸収されにくい場合も。

皮膚への浸透性が高く、細胞の生理活性作用も高いとされるジペプチド・トリペプチドとよばれる小さい分子のコラーゲンと、潤いが肌から逃げるのを閉じ込める大きな分子のコラーゲンの両方が含まれているサメ軟骨由来のコラーゲン原液などがおすすめです。
最近、ハリ・弾力・潤いが失われてきた…なんて感じている人は、「サメ軟骨由来のコラーゲン原液」を選ぶとよさそうですね。
『肌の透明感がほしい』なら…「プラセンタ」
高い活性力を持つプラセンタを原液で取り入れることで、本来の輝きをサポートしてくれることが期待でき、透明感が期待できます。

プラセンタは、どの動物由来かどうかを確認して、万が一食べ物などでアレルギーのある動物があるならば、その動物由来ではないものを選ぶようにしてください。また、ビタミンCと一緒に使用すると、より美肌をサポートするパワーがアップするといわれています。
肌の透明感が損なわれているようなら、プラセンタを考えたいものです。プラセンタとは「胎盤」のこと。動物由来かどうかをチェックするようにしましょう。
40 件

このまとめのキュレーター

あずさママ あずさママ

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧