2022年6月17日 更新

寝起きが悪い子をどう起こす?直ぐに出来ちゃう5つのアイディア

朝のイライラが一つ解消!寝起きの悪い子が「ぴょん♪」と飛び起きる、5つのアイディアをご紹介します。

gettyimages (312285)

「子どもが布団から出てこない…」と、毎朝手を焼いているママはいませんか?実は何を隠そう、筆者自身が毎朝手を焼いているママの一人です。我が家の6歳長男と、2歳次男の寝起きの悪さは筋金入りです。3度寝・4度寝はあたりまえ。最終的には、「怒り狂ったママが、寝ている子どもを布団から引きずり出す」という、最悪の朝ルーティーンを繰り返していました。

ところが最近、「このままではいけない!」と思い直した筆者。試行錯誤の末、近頃では穏やかな朝を迎えることが増えてきました。そこで今回は、筆者が試して本当に効果のあった『子どもをスッキリ起こすアイディア』を5つご紹介したいと思います。

1. 「人体力学の応用」で起こす

いで あい(@ideaizo)さんがSNSで紹介し、その驚きのテクニックが話題を呼んだ「笑っちゃうほど、寝てる子供が簡単に立ち上がる方法」です。

【手順】
①寝ている子どもを仰向けにしてから上体を起こす。
②脇から腕を入れ、子どもの両ヒザを立てる。(体育座りの状態にさせる)
③子どものヒザに手を置き、子どもを前に押しながら、お尻→足の裏へと重心移動させる。(子どもは、足の裏だけ地面に付いている状態になる)
④軽く斜め上に押し上げる。
この方法を我が家の長男にも試したところ、「すくっ」と自らの力で立ち上がることに成功!立ち上がった本人は驚いた様子でしたが、そのまますんなりリビングまで連れていけました。本当に“笑っちゃうほど簡単”なので、気になる方はぜひお試しください♪

2. 「あそこに何かいるよ!」作戦

gettyimages (312294)

「あそこに何かいるよ!?」と言って、子供の好奇心をくすぐる方法は、目覚めの効果抜群です。窓やベランダを指さし、「あ!〇〇がいる!」と言って、お子さんの意識を外に向けさせるのも良いですね。(「〇〇」の部分には、お子さんが好きなキャラクターや、乗り物、動物などをあてはめてください。)
きっとこの方法なら「どこどこ?!」と言って、慌てて飛び起きてくれるはず。効果抜群ではありますが、この驚きに慣れてしまわないよう、我が家では特別な時だけの必殺技にしています。

3.「離陸しま~す!」のアナウンスで誘う

gettyimages (312392)

「♪間もなく~リビング行きの飛行機が離陸いたします~」「♪搭乗がお済でない方は、急いで背中へお乗りくださ~い」と、ノリノリで機内アナウンスの真似をしてみましょう。乗り物好きの子なら「乗りまーす!」と、飛び起きてくるはず。
子ども2人ともなれば大変ですが、我が子たちのニコニコ笑顔が見られるので、筆者はこの起こし方がお気に入りです。眠たがってなかなか乗ってくれない日も、ママが本当に出発してしまうと「おいてかないで~!」と慌てて起きだしますよ。
26 件

このまとめのキュレーター

星野サン 星野サン

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧