2019年8月21日 更新

知ってましたか?幼稚園と保育園の明確な違い

実は、日本人の3割しか知らない事みたいです。

幼稚園と保育園の違い、あなたは違いを言えますか?

 (10357)

よく、「うちは保育園から小学校に」「私は幼稚園から」という言葉を耳にすることがありますが、”保育園と幼稚園”の違いを言える方、実は少ないんです。

あなたは違いを言えますか?

所轄の違い

実は、保育園と幼稚園の根本的な違いは、保育所は『厚生労働省が管轄している児童福祉施設』いわゆる”預かってくれる場所”となっており、幼稚園は『文部科学省が管轄している学校教育施設』”いわゆる教育”の場所と位置づけられているそうです。
保育園 幼稚園
所轄省庁 厚生労働省 文部科学省
法令 児童福祉法 学校教育法
 (10356)

先生の違い

 (10358)

まず保育園では、保育士資格を持った『保育士』がいなければいけません。

幼稚園ではというと、幼稚園の先生は『幼稚園教諭』という資格を持っています。二つとも子供に関わる仕事として同じ業界なのですが、保育士免許で幼稚園の先生になることできず、逆の幼稚園教諭免許で保育士として働くこともできません。

保育時間、保育日数の違い

 (10359)

保育園では保育時間が原則8時間以上、幼稚園では保育時間が標準4時間以上と決められています。

保育園では保育日数の基準はありません。日曜日、祝日以外は基本的に保育園は開いています。幼稚園では保育日数が『39週を下らない』と決められているので、夏休みなど長期休暇が設けられており、休みの数も園によってバラつきがあります。

入園条件の違い

保育園では、両親の仕事や病気などの理由により、子供が保育に欠ける状態であることを認められなければなりません。(特に公立保育園)

幼稚園では特に条件はありませんが、人気の高い幼稚園では、面接や適正テストをして実施する場合もあります。
20 件

このまとめのキュレーター

MA-YA MA-YA

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧