2019年8月29日 更新

ワーキングマザーを目指すなら知っておきたい「休日の有効な活用方法」

ワーキングマザーを目指すなら、考えなければならないこと、知っておくべきことがたくさんあります。今回は「休日の有効な活用方法」についてご紹介します。

gettyimages (149086)

仕事と育児、家事を両立していくためには、仕事と家庭のバランスをとり、優先順位をしっかりさせることが大切です。今回は、ワーキングマザーを目指すなら知っておきたい「休日の有効な活用方法」についてまとめました。

貴重な休日でリフレッシュ!

gettyimages (149120)

働くママにとって、休日は大変貴重なものです。日頃一緒にいられない子どもとのコミュニケーションもたっぷりとりたいし、まとめて済まそうと思っている家事もあるし、自分の時間もほしいし…とやりたいことは山のようでしょう。

やらなければならないことをこなして有効に過ごしたいものですが、あまりきっちりスケジュールを組んでしまうと休日までスケジュールに追われることに…。平日の疲れを癒し、心身ともにリフレッシュをすることも忘れないように余裕をもって過ごしましょう。

「ひとりになれる時間」をつくる

thinkstock (149118)

仕事、育児、家事に追われる働くママは、美容院やショッピングなどひとりで用をたす時間はなかなかとれないものです。リフレッシュのためにも自分ひとりの時間も欲しいところ。パートナーと休日が一緒なら話し合って、お互いの時間を融通できるようにしましょう。

託児つき施設を利用する

thinkstock (149121)

パートナーとうまく休日が合わなかったり、預ける人が見つからないときは、託児つきの施設を利用してみるのも一つの方法です。デパートや美容室のほか、カルチャーセンターにも託児つきのところがあります。対象年齢や料金、予約の必要など、預ける前に一度確認しておくのがおすすめです。

まとめ

thinkstock (149123)

平日にできなかったことを休日に全てやってしまえば、平日の家事は減ります。しかし、何でも休日にと思っていると、せっかくのお休みが家事だけで終わってしまいます。ため込みすぎには注意して、育児に家事に自分のために、休日は有効に活用しましょう。


16 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧