2022年11月11日 更新

【レビュー】ロボロックS7 MaxV Ultraを実際に購入して使ってみた!

いまや共働き家庭には欠かせない存在になってきた「ロボット掃除機」。ヤマダ電機で販売されていた”ロボロックS7 MaxV Ultra”を購入したので、その使用感をママ目線から徹底レビューします!

ママの強い味方である「ロボット掃除機」。興味はあるけれど、実際に購入するのは値段も高いし迷ってしまう……。そんな方も少なくないのでは?

我が家は迷った結果、ヤマダ電機で販売されていた「ロボロックS7 MaxV Ultra」を購入しました。結果として、まだ購入して1ヶ月ほどですが、我が家にとってはなくてはならない存在となっています。
今回も「ロボロックS7 MaxV Ultra」をママの目線から徹底レビューしていきます!

ロボロック|S7 MaxV Ultra S7MU52-04

189,800
掃除をするとき、床はスッキリと片付いているとは限りません。スリッパ、電源タップ、ペットの排泄物などの障害物や、ソファ、ベッド、テーブル類などの家具。S7 MaxV Ultraは、アルゴリズムとの連携によって最短・最適なルートを導き出し、床の障害物を巧みに避けながら、短時間で驚くほど精緻な掃除を行います。

使い方は?アプリと連携することでロボットを操作

S7 MaxV Ultra 製品情報 | ロボット掃除機 Roborock | ロボロック 日本公式サイト (328283)

基本的な使用方法としては、
①コンセントに電源を差し込み、充電。
②清水タンクに吸水し、スタートボタンを押すと掃除が開始されます。
ロボットにAIが搭載されており、カメラで家具や小物を認識し上手に避けながら掃除をしてくれます。Wi-Fiにつながなくても、基本的なお掃除は問題なく行ってくれますよ。

さらに、お家にWi-Fiがあれば、スマホのアプリと連携することができます。アプリで、掃除の開始・完了を通知してくれるのはもちろんのこと、遠隔で掃除範囲の指定も可能。また、エラーが発生した時もリアルタイムで通知してくれます。

ロボロックS7 MaxV Ultraを購入して感じたメリット

S7 MaxV Ultra 製品情報 | ロボット掃除機 Roborock | ロボロック 日本公式サイト (328284)

ロボロックS7 MaxV Ultraの良いところは、なんといっても楽なところ。
吸い取ったごみを自動収集してくれるので、ゴミ捨ての手間が省けるのはもちろんのこと、モップの洗浄まで自動で行ってくれます。わたしがすることは、水を入れ替えることと、たまにセンサーの掃除をするくらいです。

普段、掃除機はかけるけど、水拭きはハードルが高い。という方も少なくないのではないでしょうか?ロボロックS7 MaxV Ultraは、掃除機でごみを吸い込みながら、後方のモップで水拭きをしてくれるので時短と清潔の両方が叶います。

また、吸引掃除を停止し水拭きだけを念入りに行う「水拭き強力モード」は、床がすごくきれいになるのでおすすめです。超音波のカーペットセンサーを搭載しているため、大切なカーペットを水拭きで濡らしてしまう心配もありません。

アプリで管理できるのもロボロックS7 MaxV Ultraの魅力の1つ。掃除をしている場所が、出先からでもリアルタイムでわかりますし、掃除する範囲も指定することができます。

ロボロックS7 MaxV Ultraを購入して感じたデメリット

gettyimages (328285)

機能面でのデメリットは特にありませんが、あえていうなら、やはりお値段が高めなところ。ですがこれだけ便利な機能があるので、決して高すぎることはないように思えます。

また、これはロボット掃除機全般に言えることかもしれませんが、掃除に時間がかかります。そのため、お子さんがいるご家庭は、普通の掃除機とのW使いがおすすめです。急にお菓子をこぼしたり……なんてことは、日常茶飯事ですからね。
ロボット掃除機をメインの掃除機として使用し、普通の掃除機を、サブとして使用するのもアリでしょう。
20 件

このまとめのキュレーター

りの りの

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧