2018年4月9日 更新

ワーキングマザーを目指すなら知っておきたい「両立を支援する法律と職場復帰後の注意点」

ワーキングマザーを目指すなら、考えなければならないこと、知っておくべきことがたくさんあります。今回は「両立を支援する法律と職場復帰後の注意点」についてご紹介します。

gettyimages (149359)

育児をしながら仕事をするということはとても大変です。子育てをしながら働きやすい環境を作っていくために知っておくべきこと、また限られた時間の中でも新しい自分のペースで、質の高い仕事ができるよう意識したいポイントがあります。

そこで今回は、ワーキングマザーを目指すなら知っておきたい「両立を支援する法律と職場復帰後の注意点」についてまとめました。

育介法や制度を確認しよう

thinkstock (149364)

育児休業の制度が定められている育児・介護休業法(通称:育介法)には、育休制度の他にも、働きながら子どもを育てるパパ、ママのためにいくつかの法律が定められています。育介法はすべての制度の対象が男女労働者なので、パートナーの会社の制度も確認し、上手に利用しましょう。

権利ばかりを主張しない

gettyimages (149368)

いくら法律や制度に守られているからといって、権利ばかりを主張するのでは職場でうまくやっていけるはずがありません。そのときの状況で“何を優先させるのか“を判断していくことがとても重要です。

育児を仕事を両立すると決めたのは自分自身のはず。両方の責任をできる限りはたせるように努力して、周りへの気遣いを忘れないようにしていきましょう。

「出産前と同じ」と考えない

gettyimages (149369)

産休明けの職場復帰の準備をいくら進めていたとはいっても、子どもが小さいうちは何だかんだ子どもに振り回されてしまうものです。保育園から急に呼び出しがあることも多いので、出産前と同じように働けるつもりでいては、ストレスがたまる一方です。

しかしママは子どもができたことで世界が広がり、また違った視点でものが見られるようになったりもします。子どもがいることをプラスにできるよう、今までと違う新しい自分のペースを作っていきましょう。

まとめ

gettyimages (149373)

22 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧