2019年9月3日 更新

【住宅購入ガイド】マンション購入時に必要なお金を知ろう!~購入申し込み時編~

物件価格以外にも、契約前後に必要になるお金が色々とある住宅購入。どのタイミングでいくらくらいのお金が必要となるのか、あらかじめしっかりと知っておきましょう!

thinkstock (112211)

マイホームの購入を検討する際、ただ「物件価格」にだけに注目していませんか?

実は物件価格以外にも、契約前後に必要になるお金が色々とあるんです!どのタイミングでいくらくらいのお金が必要となるのか、あらかじめしっかりと知っておくのがおすすめです。
そこで今回は、住宅購入時に必要なお金ついて、基礎知識や手続きの流れなどをシーン別に紹介します。今回は「購入申し込み時編」です。

買いたい物件が見つかったらまずは「申し込み」

thinkstock (111360)

購入した物件が見つかったら、まず行うのが“申込み”です。

購入者決定には、早い者順に購入者を決める「先着順」と、くじ引きで決める「抽選」の2種類のパターンがあります。あなたが購入したい物件がどちらのパターンか確認しておくようにしましょう。

また、申し込みの際に「申込証拠金」を支払うケースがあり、支払ったお金は売買契約時の手付金の一部に充てられます。さらにこのタイミングで住宅ローンの仮審査を受けます。
「申込証拠金」とは?金額は10万円以内が一般的!

「申込証拠金」は購入する権利を優先的に確保するために支払うもので、金額は最大で10万円程度が一般的です。物件によっては支払いが不要なケースもあるので、詳細はモデルルームで確認しましょう。購入となった際は手付金の一部となりますが、売買契約の前にキャンセルする場合は全額返金されます。

購入申し込み時に必要なもの

thinkstock (111395)

・源泉徴収票または納税証明書などの収入証明書

・印鑑(認印も可)

・本人確認書類(運転免許証・健康保険証など)

まとめ

thinkstock (111397)

今回は、知っておきたい「住宅購入時に必要なお金」について、基礎知識や手続きの流れをご紹介しました。安心してマイホームが購入できるよう、事前にしっかりと仕組みを知っておきましょう。


14 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧