2020年9月8日 更新

【時短レシピ】準備時間5分!?ホットクックで作る主菜4選

忙しいママの味方!自動調理なべ「ホットクック」を使った、準備が超簡単な肉・魚のメイン料理レシピをご紹介します。

シャープから発売されている自動調理なべ「ヘルシオ ホットクック」をご存知ですか?材料を鍋にいれてメニューを選択し、ボタンを押すだけで料理を1品完成させてくれる夢のような調理家電です。

ホットクックだけでも調理時間を育児や別の家事に充てることができる「時短家電」なのですが、鍋にセットするための材料を準備するのも大変なとき、ありますよね。今回は材料準備が簡単だけど、ちゃんと主菜になる料理のレシピをご紹介します。

忙しいママの味方「ヘルシオ ホットクック」

 (235827)

ホットクックは「水なし・自動・予約調理」ができる自動調理鍋です。食材中の水分を活用して「水なし」調理ができるため、素材の栄養を逃がさず美味しさが凝縮されます。さらに「自動」で火加減をコントロールし、かきまぜまでしてくれるので、火加減が難しい煮物もおまかせ。一部メニューは食品の衛生面に配慮しながら、長時間の「予約」調理が可能です。

朝出かける前に食材を鍋にセットするだけで、帰宅後に火加減ばっちりでぎゅっとおいしくなった、アツアツの料理が食べられるなんて夢のようですね♪

ただしホットクックにも得意・不得意はあり、煮込み料理は抜群に上手いけれど、炒め物はちょっと苦手です。こういった特徴を知ったうえで、上手に活用できればとても便利な調理家電。お持ちでない方も、ぜひ一度ご検討ください。

ホットクックをさらに時短に使うコツ

忙しいママたちがホットクックをさらに時短で利用するには、便利な食材を活用するのがおすすめです!ホットクック以外のいつもの料理にも使える技ですが、ホットクックとの併用で一層料理にかける時間を減らすことができ、その分他の家事や育児に時間をかけられるようになりますよ♪

・切れている肉や魚を使う

唐揚げ用の鶏もも肉、牛・豚の切り落としや小間切れ肉など、すでに細かくなっているお肉がスーパーでも簡単に手に入りますよね。魚なら切り身を使って料理をセットすれば、肉や魚を切る手間がはぶけ、野菜を切るのとは別にまな板や包丁を洗う必要もありません。

・冷凍素材を活用する

最近増えてきた冷凍野菜、実はとても便利です!ブロッコリー、ホウレンソウ、アスパラ、里芋…色々な野菜がカットされた状態で冷凍されているので、使いたいときに使いたい分だけ簡単に取り出せます。猛暑や大雨などで野菜の値段が高騰した場合でも、冷凍野菜の値段は安定しているのでおすすめですよ。

冷凍品はお肉もおすすめです。肉同士がくっつかないように冷凍してあるので、解凍いらずで必要量を取り出すことができます。肉も野菜も冷凍だと賞味期限が長いので、「早く使い切らないと」というストレスも少ないですね。

ホットクックの時短レシピをご紹介♪

小間切れ肉なら包丁いらず!【牛肉と大根の煮物】

 (238729)

【材料】(4人分)
・牛小間切れ肉または切り落とし 300g
・大根 1/2本
・しょうが(チューブ) 小さじ1
・しょうゆ 大さじ4
・酒/みりん 各大さじ3

【作り方】
①大根は皮を剥き、1cm厚さのいちょう切りにする。
②材料・調味料を全て鍋に入れ、自動メニュー「筑前煮」または「手動調理→煮物(まぜる)→20分」で調理スタート。約35分で完成。
(小ねぎをお好みで最後にちらすと彩りが綺麗です。)
小間切れや切り落としを使えばお肉を切ったり、包丁・まな板を洗ったりする手間が省けるのがこのレシピの時短ポイント。切る野菜は大根だけなので、本当にすぐセットできてしまいます。牛肉を豚こまに変えたり、唐揚げ用に切られている鶏肉に変えても美味しいですよ。

加熱終了後に温度が下がることで味が染み込むので、早めに調理開始してしばらく冷ましておくか、「予約調理」を利用すると良いでしょう。
30 件

このまとめのキュレーター

みゅこ みゅこ

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧