2019年8月31日 更新

頭皮のトラブルも減少!美容師が伝授する冬のヘアケア乾燥対策

冬は髪が乾燥や静電気でひろがったりボリュームダウンしてしまう方も多いのではないでしょうか。美容師の筆者が髪をキレイに保つヘアケアの仕方をご紹介します。

thinkstock (133956)

秋から冬にかけて乾燥が気になる季節。
しかし肌の乾燥対策はしても、髪の対策までは行き届かない方も多いのではないでしょうか。毛髪は水分がなくなると、髪が荒れたり静電気でボリュームがなくなってしまったりします。

毎日しっかりケアすることで、髪の膨張やボリュームダウンを防ぐことができ、つやつやな髪になることができますよ。

冬のヘアケアの仕方

istockphoto (133942)

お風呂に入る前から、入った後までのオススメケア方法をご紹介します。

1.ブラッシング

thinkstock (133943)

まずは、ブラシで頭皮の根本からしっかりブラッシングをしましょう。
これをすることによって、頭皮の汚れが落ちやすくなり、シャンプーの時にしっかり皮脂や汚れが落ちてくれます。

2.頭全体をながす

thinkstock (133944)

ブラッシングをした後は、シャワーやお湯などで毛髪全体を洗い流しましょう。
ブラシで浮かせた皮脂や汚れをお湯で流すことによって、シャンプーの泡立ちも良くなり、しっかり汚れを落とすことが出来ます。

3.1回目のシャンプー

thinkstock (133945)

シャンプー剤を手に適量取り、手でしっかり泡立てます。
泡立たなくても、手についている水としっかり混ざりあえば大丈夫です。

手で泡立たせたら、頭全体にシャンプー剤をなじまていきます。
シャンプーを泡立たせるのに重要なのは、水と空気です。しっかり水と空気が含まれた泡はキメが細かくなり、髪の毛一本一本までしっかり汚れを落としてくれます。
泡が全体に広がったら、美容室でシャンプーされるように隅から隅まで丁寧に指腹で地肌を洗っていきましょう。
この時に、毛先は泡立っているのに地肌の泡がなくなってしまう方は、頭皮が脂性な方か汚れが溜まっている方です。地肌の泡立ちが悪い場合は、シャンプー剤を手に足して、泡立つように洗ってください。
51 件

このまとめのキュレーター

あんとん あんとん

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧