2019年8月19日 更新

【プロの食育レシピ】ピーマンとカボチャのピカタ風

食育コンシェルジュ斎藤雄大の食育レシピ☆ピーマンが苦手な子どもに食べてもらうための工夫レシピです!

料理を作るのが楽しくなる!オシャレな料理が簡単に作れる!
家庭で作る料理をちょっとしたコツでももっと美味しく、一緒に楽しく料理を作れるように、皆さんにわかり易く丁寧に教えます!

ピーマンが苦手な子どもに食べてもらうための工夫レシピを紹介!

かぼちゃの甘みとチーズ風味で、ピーマンの苦さを感じさせません!
『ごちそうさま!』の後に、『実はピーマンが入っていたんだよ』と教えてあげると、お子さまもビックリするのと同時に、”ピーマンを食べることが出来た”と自信にも繋がります。

材料

・ピーマン…2個(45g)
・カボチャ…40g
・サラダ油…10g(少々)
・水…60g
・塩…1g
・卵…1個
・パルメザンチーズ…4g

作り方

① ピーマンをせん切りにする

② かぼちゃを5mm角にカットする

③ ①をサラダ油でよく炒める、その際に塩を加えて炒める

④ ピーマンがしんなりしてきたらかぼちゃを加えてさらに炒め、カボチャが少し色づくくらい炒またら水を加えて軽く煮込む

⑤ ④の水分がなくなったら卵とパルメザンチーズの入ったボールに移して、フライパンで焼く。片面が色づいたら反対にひっくり返して、色づくまでしっかり焼く

ピーマンとカボチャのピカタ風

 (3001)

2才以上向けのレシピです。
ピーマンを細かく刻んであげると、見た目での食べず嫌いを克服出来るかもしれません。

レシピ考案者

斎藤雄大

斎藤雄大

一般社団法人日本フードカルチャー協会の代表理事を務め、食育コンシェルジュとして食育・食文化の活動を行っている。
10 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧