2021年4月12日 更新

ラン活前に知っておきたい!入学準備品をお安くそろえたい方必見のアウトレットランドセル

小学校入学を控え、ラン活をスタートさせるママさん達、ランドセルにもアウトレット品があるって知っていますか?とってもお得ですから、ぜひチェックしてみてくださいね。

ラン活は年々早まっている

gettyimages (261446)

ランドセルを選び、購入することを「ラン活」と言います。色もメーカーも種類も多種多様にあるため、比較検討して我が子にベストなランドセルを選び出すには、まさに真剣な「活動」が必要になるのでしょう。

そして、「これぞ!」というランドセルを逃さずに購入するためには、その活動時期を早める必要性があり、年々ラン活の時期が早くなっていると考えられます。売り切れになってからでは遅いですよね。

しかし、ランドセルに求める条件がそれほど多くなく、費用を抑えたいと考えているママもいるのではないでしょうか?その場合には、“アウトレット品”も選択肢に入れてみると良いと思います。

我が家の第一子のラン活経験談

gettyimages (261447)

我が家も第一子が年長さんになった年には、展示会場に赴いて実際にランドセルを背負わせてみたり、幼稚園から配られる膨大なカタログの1つ1つに目を通していました。しかし、正直差がよくわからなくて、途中から比較検討することに疲れてきてしまいました…。

結局、筆者の母がプレゼントしてくれると言い、皆でデパートに行って本人に選ばせたのですが、迷うことなく「これ!」と決めて変更はなかったので、我が家のラン活はあっけなく終わりを迎えました。筆者も「A4ファイルが入る」、「重すぎない」、「6年保証がある」程度の条件しか求めていなかったので、それで良かったです。
入学してしまうと意外とランドセルをまじまじと見ることはなくなり、「そこまで頑張らなくても良かったかも」というのが第一子ラン活後の感想でした。

第2子のラン活はアウトレットを利用

gettyimages (261448)

第二子は、年長さんになった年の秋から先生の叱責により、幼稚園に通うことができなくなりました。ラン活以前に、「ランドセルを購入しても、使う機会はあるんだろうか?学校に本当に通うんだろうか?」と悩んでいたことを覚えています。
第一子もすでに小3から不登校となっていて、母がせっかく買ってくれたランドセルをあまり使わずに終わってしまった申し訳なさもあったのかもしれません。
また途中で使わなくなるかもしれないと思うと、せめて第一子の時のような高いランドセルを買ってもらうのはやめておきたいと思いました。そこで、大手スーパーやホームセンター系のランドセルを調べていたのですが、ある日ランドセルにもアウトレットがあると知ったのです。

アウトレットは今年度以前のモデルであるだけで、機能には全く問題ありません。しかも、古いモデルかどうかなんて、これだけ膨大なランドセルがある中で、パッと見ただけで分かるわけもありません。

ちゃんと6年保証もついていましたし、何より、本人が気に入るデザインの物があったので、筆者の家ではアウトレットのランドセルを購入することにしました。
母は「それで良いなら…」と筆者の決めたことを尊重してくれましたが、第一子入学時にあげた金額に差をつけることはしたくなかったようで、チェストベルトや筆箱などの付属品や机の購入代金も負担してくれました。

筆者は「これで、全員の気持ちが丸くおさまるラン活ができた!」と大満足でした。
26 件

このまとめのキュレーター

へびいちご へびいちご

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧