2021年8月10日 更新

こんなときどうすればいいの?子どもの困った行動解決法『嘘をつく』

我が子のあんな行動やこんな行動・・・困った行動にどう対処すればいいの?今すぐ実行できる効果的な解決法・対処方法をご紹介します。

gettyimages (194012)

我が子のあんな行動やこんな行動など・・・困った行動にどう対処すればいいのか、ママは悩んでしまうことがありますよね。そんな時に今すぐ実行できる効果的な解決法があるんです!今回は、子どもが『嘘をつく』際の対処方法をご紹介します。

子どもの困った行動解決法『嘘をつく』

gettyimages (194010)

嘘をつけばみんなが傷つくことを教える
子どもの嘘がバレたら、「本当のことを言ってくれなくてとっても悲しいな。でもこれからは正直に本当のことを話してね。信じているよ。」など、嘘をつけばみんなが傷つくことを教えましょう。
本当のことを話す練習をする
嘘をつくことが多い子どもは“本当のことを話す練習”が必要です。例えば歯を磨いたと嘘をつく場合には、「歯を磨いていないのに、磨いたと嘘をついたの?本当のことを言ってくれなくて悲しいな」と伝えてから、「そういうときは、歯を磨くのを忘れていたから、これから磨くね、と言えばいいんだよ、言ってみて」などと言って練習させましょう
ごっこ遊びをする
子どもが現実と空想の違いを理解できるように、子どもと一緒にお話を作ります。その後で、現実の今日の出来事を話してもらいます。事実でないことを話したら、「今お話ししてくれたのは、ママと一緒に作った話だよね。幼稚園でお友達と遊んだお話を教えて」と言って、架空話と現実の違いをはっきりさせます。

まとめ

gettyimages (194011)

日々、育児に奮闘するママ。我が子が困った行動をしたとき、どうすれば子どもを尊重した言葉と態度で穏やかに対処できるかを知っておき、適切な振る舞いができるようにしておきましょう。
11 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧