2022年1月22日 更新

3歳娘の便秘治療体験談<途中経過報告編①>

現在3歳の娘は、1歳の頃から便秘に悩まされており、2歳の終わりから小児科医の指導のもと服薬治療を始めました。現在もまだ治療は継続中ですが、お子さんの便秘で悩むママに向けて途中経過をレポートします。

便秘で苦しむ娘、2歳11か月で服薬治療開始

gettyimages (288571)

現在3歳の娘は、乳児の頃は快便でしたが、離乳食が終わった頃からずっと便秘に悩まされています。2歳になった頃からは特にひどくなり、常におなかはぽっこりしていて、便をするときは大泣き。それでも、なぜか筆者は「病院に行くほどではない」と思っていたのです。
幸い食べ物の好き嫌いは少ない娘なので、“便秘に良い”と聞いた食材はどんどん取り入れ、寒天やオリゴ糖なども購入しました。水分摂取に気を付けて、腸のマッサージなどいろいろ調べてみましたが、どれも少しは改善するものの根本的な解決にはなりませんでした。
1週間便が出ないこともあり、市販の浣腸を使用しても便がかたくなっているのですんなり出ず、泣いて苦しんだ挙句ゴルフボールのような便を出す…そんな娘の姿がかわいそうで、2歳11か月でついに小児科受診を決めました。

小児科医の指導のもとで、服薬治療を始めて半年が経ちました。便秘治療は長期戦になることが多く、まだまだ治療途中ですが、現在お子さんの便秘で悩んでいる方に少しでも参考になるよう、途中経過をご報告します。

便を柔らかくする薬で、意識が変わった!

小児科でもらった「うんちのーと」に記入しています。

小児科でもらった「うんちのーと」に記入しています。

まず処方されたのは、便を柔らかくする薬でした。「モビコール」という粉薬で、水に溶かして服用します。この薬には塩味があり、子どもには飲みにくいとのことで、どうやって飲ませようか考えましたが、医師や薬剤師に相談すると「ジュースやスープなどに溶かして服用してもOK」とのことでした。
しょっぱさをごまかす為におすすめを聞くと、「カルピス」を提案してもらったので、市販のカルピスウォーターに溶かして飲んでいます。娘は気に入って飲んでくれています。また、お味噌汁など塩味のある汁物に溶かすと違和感なく飲めるようなので、お味噌汁やコンソメスープを三食のどれかに取り入れて飲ませることもよくあります。
娘に飲ませ始めて3日ほどで効果を感じました。服用回数は1日1回からはじめ、最大1日3回まで増やしてOKと医師に言われています。便が出なければ回数を増やし、便がゆるくなりすぎたら回数を減らす、といった感じで様子を見ながら調整します。
服薬しながら市販の浣腸も併用OKで、モビコールを服用するようになってからは市販の浣腸の際も柔らかい便が出るので娘の苦しみが軽減され、親としてもうれしいです。
服薬を開始する前の娘は、かたいうんちを泣きながら出す経験を重ね、排便に対して「うんち=いたい、つらい、出したくない」というネガティブな感情を抱いてしまっていました。その結果、便が出そうになっても足をXのかたちにして便を我慢するという悪循環で、まずは「うんち=出すとすっきりして気持ちいい」という風に変えてあげたいなとずっと思っていました。
モビコールを服用するようになってから、うんちがかたくないので痛みもなく出せるようになり、娘は「ママ、うんちちゃん出た♪きれいきれいして♪」等と自分から言ってくるようになりました。以前の娘なら考えられないことで、それだけでも治療を開始してよかったなと思います。

腸を動かす薬を追加処方

モビコールとラキソベロンです。

モビコールとラキソベロンです。

24 件

このまとめのキュレーター

月とレモン 月とレモン

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧

キャンペーン情報