2020年7月13日 更新

早くから英語に触れると良い!?ママも簡単♪英語絵本おすすめ5選【0~2歳向け】

英語の絵本、気になっていませんか?でも難しそう…と思っている方、赤ちゃん向けの英語絵本は簡単なもので大丈夫!0歳から読み聞かせることができて、長く楽しめるおすすめの英語絵本を紹介します。

 (232012)

「子どもの英語教育どうしよう…。」
「絵本が良いと聞くけど難しそう…。」

そう思っている方、いませんか?

0~2歳向けの絵本は、日本語のものでも文字が少なく、繰り返しが多く、絵がカラフルで大きいですよね。英語の絵本も同じで良いのです!

簡単なものを少しだけでも、日常で英語に触れる機会があると、子どもが大きくなったときに英語に対する心の開き具合が違ってきますよ♪

この記事では、簡単だけど長く楽しめる!そんな英語絵本をご紹介します。

①0歳から歌のように楽しめる『Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?』

こちらは言うまでもない名作!『はらぺこあおむし』のエリック・カールの絵がカラフルな絵本です。日本語と英語が併記されている版もあるので、取り寄せの洋書と異なり購入しやすいですね。

色とりどりの動物に「What do you see?(何見ているの?)」と聞いていくお話なのですが、色と動物名以外はほとんど繰り返し表現なので、読み手にも子どもにも優しい一冊です。

また、『Twinkle Twinkle Little Star(きらきら星)』のメロディにのせて歌ってあげると、0歳からでも歌として楽しめます。読む側も歌にしてしまえば、すんなり文を覚えやすいメリットも!

はじめはママやパパが歌ってくれる歌として、次第に動物や色の名前を覚えて、2歳ごろには自分でなんとなく歌えるようになる子もいますよ。2歳以降も長く楽しめる、素敵な英語絵本です。

※洋書をご購入の場合は、厚紙でできたBB(ボードブック)版をおすすめします!破れる心配が少なくて、赤ちゃん絵本にぴったりです♪

②より簡単に、でもスキンシップいっぱい『HUG』

こちらは日本語版『ぎゅっ』も人気の絵本。英語はとっても簡単で、ほぼ「HUG(ハグ)」しか出てきません!「ハグ」だけなら読んであげられる気がしませんか?

チンパンジーの赤ちゃんが散歩中、ハグし合っている色んな動物たちを見かけて…。そんなストーリーに合わせて、お子さんを”ぎゅっ”としてあげれば、英語に触れられるだけでなく親子の触れ合い時間にもなりますよ。

こちらの絵本もたくさん動物が出てきますので、「動物の名前、英語だとなんて言うんだろう?」と調べてみても面白いですね!

0歳からでも楽しめて、親子の愛情も育まれる、そんな楽しい絵本です。

③赤ちゃんの日常生活を英語で楽しむ『In the Bath』

こちらの絵本も日本語と英語が併記されていて、手に取りやすい1冊です。邦題の『おふろだ~いすき!』の方が有名かもしれませんね。

レスリー・パトリセリの赤ちゃん絵本シリーズは、どれも可愛く軽快で、赤ちゃんの日常生活を英語で楽しむのにぴったりです。どれも長い英語は出てきませんので、簡単に読み始めることができます。

『In the Bath』も、お風呂で遊ぶ赤ちゃんの様子がとっても楽しそう!お風呂の泡でなりきり遊びをしたり、ママに洗ってもらったり…。読むとお風呂が大好きになりそうです。最近お風呂を嫌がる…そんな子にも読んであげたいですね。

もし、この絵本を気に入ったら、他のシリーズも見てみてくださいね。きっとお気に入りの英語絵本になりますよ♪

④セリフは少ないけど世界に引き込まれる『Good Night, Gorilla』

ほとんど「Good night(おやすみなさい)」しかセリフのないこちらの英語絵本、夜の動物園で檻を抜け出したゴリラが主役です。夜の動物園って聞くだけで、なんだかワクワクドキドキしませんか?

セリフは少ないけど、その表情や雰囲気に引き込まれて、思わずこっちも「し~っ」としたり、ちょっとクスクスしてみたり。0歳には少し理解が難しいかもしれませんが、絵からストーリーを読み取れる年齢になると、とっても楽しめる絵本です。

「おやすみなさい」がテーマなので、寝かしつけ時に読むのにもぴったり。お子さんも寝るときに「Good night」と言うようになるかもしれませんね。
25 件

このまとめのキュレーター

みゅこ みゅこ

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧