2018年11月2日 更新

子どもがかかりやすい感染症【手足口病】って?

子どもがかかりやすい感染症の原因と症状、治療法、ホームケアの方法などについて知っておきましょう。今回は【手足口病】についてです。

gettyimages (171398)

子どもは感染症によくかかります。予防接種で防げる病気もありますが、繰り返し何度もかかる病気もあります。感染症の原因と症状、治療法、ホームケアの方法などについて知っておきましょう。今回は【手足口病】についてです。

原因と症状

gettyimages (171406)

生後6ヵ月くらいから4~5才の乳幼児が夏によくかかります。原因ウイルスが数種類あり、それぞれ感染力が強いため、複数回かかることもあります。

この病気の特徴はその名の通り、手足や口の中、舌などに、周囲が赤くて真ん中が白い米粒大の水疱ができることです。特に口の中の水疱は破れてただれ、強い痛みを伴う潰瘍になるため、不機嫌になったり食欲が落ちたりします。

熱は出ても37~38度くらいで、多くは1~2日で下がります。ときには下痢や嘔吐を伴うこともあります。

治療

gettyimages (171407)

ウイルスによる病気のため、基本的には特に治療せず、自然に治るのを待ちます。基本的に後遺症や合併症の心配はありませんが、ごく稀に無菌性髄膜炎を併発することがあります。高熱が出る、頭を痛がる、ひきつける、嘔吐を繰り返すなどの症状がある場合はすぐに受診しましょう。

ホームケア

gettyimages (171408)

口の中にできた水疱は潰瘍となり1週間ほどで治ります。痛みで食事を取るのを嫌がる場合には、無理強いする必要はありません。口当たりの良いプリンやゼリー、冷たいアイスクリーム、栄養のあるスープなどを与えてあげましょう。

痛みが激しいときは水分もとりにくくなります。脱水症にならないよう、水分だけはこまめに少しずつとらせましょう。

まとめ

手足口病の主な症状は以下となります。

【熱】△
【発疹】〇
【咳】×
【嘔吐・下痢】 △
【予防接種】 なし



病気のサインや経過を知って、早めに受診するよう心がけましょう。
15 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧