2019年8月28日 更新

ママと赤ちゃんのためにパパができること「パパの心得3か条」陣痛~出産編

赤ちゃんの誕生はもうすぐそこ!パパが積極的に協力して赤ちゃんを迎える準備をしましょう。

gettyimages (162822)

陣痛が始まるといよいよ出産の始まりです。陣痛から出産までは初産で約14~15時間、経産でも約7~8時間かかるといわれます。今回は、陣痛~出産中のママと赤ちゃんのためにパパができること「パパの心得3か条」を紹介します。

ママの気持ちをリラックスさせる

gettyimages (162837)

陣痛をうまく逃がすポイントは“リラックスすること”です。陣痛が軽いうちは、会話を楽しんでリラックスさせてあげましょう。他にも好きな音楽を聴いたり、好きな香りをかいだり、ママがリラックスできるものを準備しておき、気分転換させてあげると◎です。

マッサージで陣痛の痛みをやわらげる

gettyimages (162829)

陣痛が強くなってきたら、腰や背中をマッサージして痛みをやわらげてあげましょう。ママがラクな体勢を一緒に探しながらします。上手くできなくても大丈夫!パパが側にいるという安心感がママの支えになります。

汗拭き&水分補給のサポート

gettyimages (162836)

陣痛が進むにつれて、その痛みからママのからだは熱くなっていきます。汗を拭く、飲み物を飲ませてあげる、うちわであおいであげるなど、長丁場になる出産ではパパのサポートが大きな支えになります。

まとめ

gettyimages (162839)

出産そのものの痛みや不安と戦うのはママです。しかしパパは代わることができなくても、さまざまな気遣いでママを支えることができます。パパが積極的に協力して赤ちゃんを迎えましょう。
16 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧