2019年11月8日 更新

【育児あるある漫画】大人も難しい『自分のコントロール』③

思考錯誤しながらも、外的・内的要因により、ゲーム時間をコントロールすることが難しい長男。うまくいかないことは、確かによくありますが…

こんにちは、ふくこです。
前回までの話の続きで、今回が最後の3話目になります。

▼これまでのお話はこちら
【育児あるある漫画】大人も難しい『自分のコントロール』
【育児あるある漫画】大人も難しい『自分のコントロール』②


「お母さんと2人で、時間を守ることをお互いに注意し合って好きな事やってみよう!」
ということになり…

うまくいったと思ったのも束の間(^^;)

下に兄弟がいる長男ハルとともに母の私も、
2人きりで何かに集中したりすることは全く容易ではありませんでした…。


 (207361)


「自分自身の体のためにも、ゲームは決めた時間を守る!もし、それでもオーバーしちゃってたら声かけてくれる?」

そんなことを、自分から言いだしました。


 (207362)


次男(小2)・三男(5)が家に居る時間は、私も日常をこなすのに精一杯です(;´Д`A

 (207363)


ハルの弟たちは、まだまだ何かと手がかかります( ;∀;)

 (207364)


区切りを付けられずにいきなり終わるのが、イヤだって思う気持ちは分かります。

でも『コレが終わったらね』の『コレ』って…?(-_-;)
決めた時間をオーバーしてからも、かなり時間は経っているのに…

一体あと何分かかるんだかも、全然分からないし!

 (207365)


私も長男も「何かを好きな気持ち」は分かり合えるので

以前よりも近い目線で
お互いの本心を、少しずつ伝えられるようになってきました。
 (207373)

私にも「好きなことがある」とちゃんと長男に伝えて、
前回の記事の時のようにお互いに励まし合ったり注意したりしながら
「体にためにも時間を守ること」を、一緒に挑戦しました。

そのこともあってか…?
長男は(反抗することはモチロンありますが)
「体のことを一緒に考えてくれてる。」と、心のどこかで前よりも素直に感じているような気がします。

長男の年齢まで来ると、やってることを頭ごなしに否定し、親目線のみで心配を伝えても
それが本人に響かないことが多いです。

でも、一度同じ目線に立ってみたり、本人の気持ちを認めた上で思いを伝えると…
意外なほど素直に受け止めてくれたりもします。

心が揺らぎやすい、反抗期に入る一歩手前の長男です。
まず自分をコントロールしなくてはならないのは…多分、親である私の方です(^^;)





安田ふくこさんの漫画一覧
15 件

このまとめのキュレーター

安田ふくこ♡公認ママサポーター 安田ふくこ♡公認ママサポーター

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧