2019年10月11日 更新

【育児あるある漫画】大人も難しい『自分のコントロール』

ゲームが好きな子ども。ついつい「やりすぎ!」と言う親(私…)。でも本当は大人も、自分をコントロールするのは難しい。

こんにちは、ふくこです。

小学生にもなりますと、特に男の子はゲームする子が増えるのではないでしょうか?
我が家の長男ハル(小6)も、ゲーム大好きな男子です。

小学3年生の時から、ハルはゲームをやり始めました。
恥ずかしながら、それからずっとゲームの時間を巡って親子で試行錯誤している日々でございますf^_^;

ついつい「約束の時間」を過ぎてもゲームを止められないハル。これは、そんなハルを心配して夫婦で話をした時のことです。
今日はこちらのブログでのお話の続編です。
ゲームに関して様々な試行錯誤をしてきた、その成功談や失敗談です(失敗談 多めです←)。

『ルールや時間を守ること』に徹底的な夫。息子に対しても、そこは厳しいです。
でもそれは、確かに子どもが社会に出た時…とても大切な約束になります。

夫はそれが分かっているからこそ、厳しく言うのだと理解していますが
「まだやりたい!」という気持ちをコントロールすることは、子どものうちはとても難しいのだろうと思います。
 (205183)

なにもゲームに限ってではない。
今の時代『画面』を観ることに、つい縛られることが多いことと思います。

観ているテレビを中断してお風呂に入る。
YouTubeを我慢して、宿題をする。

たくさんの、映像の誘惑がある現代。
自分をコントロールすることは、きっと子どもにとって容易ではない…。
 (205185)

かくいう大人も、油断していると
スマホやiPad画面につい縛られそうになる時代です(^_^;)

イヤハヤ、子どもたちも「パパやママも観てるじゃない!」と思うでしょうね…。
仕事の用や、返信を要するものもありますが、子どもから見たら区別はつきませんもの。

特に子どもが小さなうちは、なるべくなら子どもの前ではスマホをいじる姿は見せたくないものですが…
緊急の用など、そうも言っていられないことが正直あります。

私の場合はですが、文字を打つことが得意ではないので、スマホはそうでもありません。
ですが…
イラストを描くことにのめり込むと危険です( ̄▽ ̄;)
 (205187)

私の場合はですが、イラストを描いていると時間が経つのを忘れてしまいます。

だから…ちょっと種類は違うかもしれませんが
時間をついオーバーしてしまう我が子の気持ちが、ちょっと分かってしまいます…。

ですが、そんな私だからこそ、子どもとともに
試してやれる事が、まだまだあるような気がしました。
 (205189)

ハルと二人で、お互いにお互いを励まし合いながら
「時間を守れるように、注意し合おうね!」といった方法を試すことになりました。

この方法、成功したのかどうか…。

続きは次回に、また書いていこうと思っています(^^)!
13 件

このまとめのキュレーター

安田ふくこ♡公認ママサポーター 安田ふくこ♡公認ママサポーター

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧